MBTI診断:将来のことをよく想像する

Pocket

INFPの特長として将来のことに思いを馳せてあれこれ想像する、という癖があるそうです。

もちろん人それぞれなのでしょうけれども、私の場合は、将来はこうなっているといいなとか、ああなるだろうという想像とはまた別で、先のことを考えすぎて気が重くなるという心持ちになるのです。

嫌な飲み会や行きたくもない集まりが一か月後に決定した、とか、定期的にそういうイベントのあるコミュニティに属すと、それがぐるんぐるんと頭の中を巡り、気が重くなってしまうのです。 だいたい、こういうイベント行事というのは、定期的に行われるものですから、いわば年中、そういうことで気が重くなっているような状態、気が休まらないというのが生きていく上で痛感するところです。

これ、大勢の人にとっては、仮に嫌な行事であったとしても、それほど前から思い悩むようなことはなくて、切羽詰まってやっと身に迫るような感覚になるのだと思います。

こういう意味でいうと、私は将来のことを想像する、というよりは案じるのです。まだ起きていないいろんな懸念事項について思いを巡らし、消耗しているような、そんな感覚なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。