MBTIでみる相性

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

読者さんからのリクエストにより「かつてネット上に存在していた「MBTI性格タイプ論の視点から世界を覗こう」というサイトからのログの転載です。

今回は、タイプ別の相性です。これは深遠な考察に驚愕を隠せません。ただ何のタイプ同志がいいのか悪いのかという話ではなくて、利点や欠点さらにはどうすれば最高のチームづくりができるのか、というところまで踏み込まれています。

こうやって見ると、MBTI性格診断の奥深さに感嘆せざるを得ません。そのシステマティックでありながら、巷の人間模様の機微をこれでもかと突いている様相は、神の所業のようにも感じ入ります。

ちなみに、以下に示すMBTIのタイプ別の相性については、4つの心理傾向軸と8つの心理機能を理解していないと読み解くのが困難なので、その辺りの知識がない方はまず次記事(MBTIタイプ論)から読み進めてください。




 

目次

 相性

関係を調べる

心理的傾向から説明するタイプどうしの相性

人間の相性というのは、数えきれないほど様々な要因があると思いますが、 一緒に何をする関係なのかということが一つの大きな要因になると思います。

恋愛
夫婦
親子
兄弟
家族
日常生活を営む
友人 遊び仲間
ビジネス 仕事
一緒にゆっくりまったりしたい

などなど、様々な人間関係とそれぞれの関係における立場がありますよね。
ここでは、各タイプが用いる心理機能とその順番に焦点を当てながら、 タイプどうしの相性について述べてゆきます。

これを知れば、自分の言動が相手にどのように受け止められるのか、 逆に、自分は相手の言動をどのように偏った受け止め方をしがちなのか、 客観的な立場から見つめ直すことができると思います。

そして、異なる態度や異なる選択を取ることで、よりスムーズな関係を築くことが出来るでしょう。

成熟した二人ならば、どのような関係であっても上手く付き合うことができるでしょう。 しかし、その域に達するまでには年数を要するので、気長に行きましょう。




双対

双対関係 最初の山を超えれば意気投合

ESTJ &  INFJ
ENFP &  ISTP
ENTJ &  ISFJ
ESFP &  INTP
ESFJ &  INTJ
ENTP &  ISFP
ENFJ &  ISTJ
ESTP &  INFP

双対関係とは、ペアとして完全な世界を構築する関係です。 無理に相手に合わせて取り繕う必要はなく、自然に付き合うことができます。 それでいて、通じ合うものがあり、絆を確かなものに出来る最良の関係です。

双対関係にあるタイプは、鏡像関係にあるタイプから見た活発になる関係にあたります。 もしくは、同じことですが、活発になる関係から見た鏡像関係にあたります。

鏡像関係にあるタイプは、興味関心や大きな目標は一致していますが態度や方法が異ります。 活発になるタイプは、常に気づきを交換し、刺激的で興奮した時間を過ごすことができます。 これらのタイプとは心理的障壁はないとは言えませんが、大抵の場合、良好な関係を築くことができます。

そんなタイプたちと良好な関係であるタイプもまた良好な関係になり、 それが最善とも言われる双対関係です。

しかし、一見すると双対関係にあるタイプは興味関心や心理的な態度にかなりの違いがあるように思うかもしれません。 確かに、タイプを表記する4文字のうち、PもしくはJのところしか一致していません。 だから、始めのうちは、相手に対して「何か違うな」と思うこともあるでしょう。 実際に、緊迫した状況に陥ることも多々あるでしょう。

相手に出会うまでに、 過ごしてきた時間で自分の考え方や感じ方がしっかりと形成されている場合、そのことが人間関係に大きく影響します。 なので、大人どうしはで、すんなりと相手の良さや関係の良さを認識するのには時間がかかるかもしれません。 しかし、それもつかの間のことです。 段々と関係の良さが分かり始め意気投合するようになるでしょう。

一見、相反するように見えながら、互いの認知パターンのリズムは一致しています。 おそらく、多分に言葉を費やさなくても相手の意図を理解することができるでしょう。 自然と短所を補い合い、お互いに守ることができます。 それでいて、相手の良い点を素直に評価できるので、見返りを求める思いは起きないでしょう。

衝突が起きることは、例えあったとしても少ないことです。 衝突しても、自然と良好な関係を取り戻すことができるでしょう。

残念なことに、大人になってから双対関係に出会えることは珍しいことです。 なぜなら、興味関心が異なるため同じコミュニティや同じ職業を選ぶ傾向が時間が経つほどに少なくなるからです。 だから、心理的障壁の低い若いうちに出会えることが望ましいのです。 しかし、大人であっても何かのきっかけで、コミュニティに参加し多種多様な人たちと交流する機会があれば出会えるかもしれません。

集団で何か大きな仕事を成し遂げるとき、自然と双対関係が結ばれることはよくあることです。 それは、社会的にも有意義であり、求められているものだからです。

先述したように、始めのうちは互いに良い関係であるとは認め難いものです。 もし、この時点で簡単に疎遠になってしまえば、せっかくの最良の関係の種を見逃すことになります。 それは、とても残念なことです。 究極の4タイプ関係を見つける際にも必要な関係となりますので、手放さないように注意しましょう。

時間が経つほどに、お互いの関係は深まってゆきます。

この自然で相補的な最良の関係は、家庭を築いたり、仕事の仲間として信頼関係を持ったり、厳しい環境を 切り抜けたりする場合には、かけがえのないものになるでしょう。




同等

同等関係 共感し合いながら少しずつ相補的な関係に発展する

ESTJ &  ESTJ
ENTJ &  ENTJ
ESFJ &  ESFJ
ENFJ &  ENFJ
ISTJ &  ISTJ
INTJ &  INTJ
ISFJ &  ISFJ
INFJ &  INFJ
ESTP &  ESTP
ENTP &  ENTP
ESFP &  ESFP
ENFP &  ENFP
ISTP &  ISTP
INTP &  INTP
ISFP &  ISFP
INFP &  INFP

似た者どうしは居心地がよい、と昔から言われるように、一緒にいてゆっくりと着実に成長できる関係です。

お互いの物の捉え方や考え方、感じ方、態度がとても似ており、心理的な障壁や摩擦はほとんどありません。 無意識のうちにも相手のことを察することができ、誤解なくスムーズにコミュニケーションを取ることができます。

言葉にせずとも通じ合うものがあり、対立した状況に陥ることなく、 何をするにせよ、お互いに共感し肯定しあうことができ、上手に協働することができます。

また、興味関心や目の付け所も似るので、教えあう関係になります。 相手の気づきが有意義なものとしてすんなりと受け入れられるでしょう。

しかし、両者共に心地良い領域から敢えて外へ出てゆこうとするきっかけが生じないので、 進展がないまま過ごすことが多くなります。 その状態に馴染み、安心感を得ることもあれば、退屈を感じることもあるでしょう。

苦手なこと、避けがちなこともまた同じなので、同じ問題に直面しやすく、うまく対処できないままでいることがあります。

退屈を感じたときや、両者が陥りがちな問題に直面したときなどは、 敢えて、いつもと違った物の見方や判断を迫られます。

例えば、 両者ともに、内向タイプの場合、一方が外向タイプの役割を努めるようになるかもしれませんし、 両者ともに、感情タイプの場合、一方が思考タイプの役割を努めるようにするかもしれません。 そうすることによって、陥りがちな失敗や停滞を避けることができるのです。 第三、第四の心理機能さらにはその他の心理機能が発達して、 役割分担ができてゆき、徐々に相補的な関係を築いてゆくことができます。

相手を見ることが、まるで自分を見ているように感じられるので、自分のことを客観的に見つめる機会が多くなります。 それが、成長のきっかけになるこもよくあることです。 基本的に、自発的に成長し自己を高めてゆける関係です。

お互いのバランスをよく取りながら長いことこの関係を育むと、 最終的には、無意識のうちに双対のようにしっくりとした関係にまで発展します。




 

活発化

活気づく関係 常に気づきを交換し活発になる

ESTJ &  ENFP
INFJ &  ISTP
ENTJ &  ESFP
ISFJ &  INTP
ESFJ &  ENTP
INTJ &  ISFP
ENFJ &  ESTP
ISTJ &  INFP

自分で意識していて、改善したいと望んでいる短所を、相手の長所として認めることができます。 また、抑圧しており短所として噴出してしまいがちなことが、 相手は程よくその利点を発揮していることを認めることができるでしょう。 目的がなくても一緒にいて楽しく感じるかもしれません。

両者の心理機能の働きが相手に伝わる度に、お互いを刺激することになります。 そういったことは、無意識のうちに起こっていることの方が多いかもしれません。 その結果、停滞することはなく、寧ろ、興奮した状態が続きます。 おそらく、つきあい始めてすぐに、良好で容易にコミュニケーションできることに気がつくでしょう。

一方の第三の心理機能はもう一方の第一の心理機能になっています。 そのため、欠落しがちな第三の心理機能を相手から指摘されたり、 観察からうかがい知ることによって補うことができるのです。

また、一方の第四の心理機能はもう一方の第二の心理機能になっています。 そのため、一方にとって短所として失敗や停滞に陥りやすいことに対して、 もう一方の者がさりげなく抜け出す道を示すことができるのです。

第四の心理機能の働きに関しては、相手に任せることができれば信頼関係を結ぶことができるでしょう。 しかし、判断タイプと知覚タイプの特徴の違いから、お互いの行動パターンを予測できず、 また無意識のうちの期待が裏切られることがあるので、協力関係を結ぶ際の障壁になってしまいます。

この判断タイプと知覚タイプの違いは、生活リズムや仕事のリズムの違いを生む原因にもなっており、 なかなか克服し難い障壁です。 それでも、気さくに付き合える関係としては最高な関係です。 是非、究極の4タイプ関係を作るためにも手放さないでおくとよいでしょう。

お互いの長所を認め任せ、短所についてはその曖昧で不備な点を責めることなく役割を引き受けることができれば、 チャレンジングなことや面倒なことを、支えあいながら乗り越えることができます。

何かと活動的になり興奮しやすい関係ですが、 あまりにもこの傾向が強くなると、うまく休みを取らないままエネルギーが尽きてしまいます。 そうなると、良くない刺激を与え始めてしまいます。 ときどき距離を置いて、充分な休息を取ることを心がけましょう。

刺激を与え合うときと休息を取るときを繰り返すことで、発展した関係を築くことができるでしょう。

単にアドバイスし合う関係になってしまうと、問題解決の具体的な行動がそっちのけになってしまいます。 確かにお互いのアドバイスは有益で面白くさえ感じられるでしょうが、 結局は、自分自身のやり方があり、相手の長所を自分の長所にすることはできないでしょう。

あくまで、役割を分担で支え合いながら行動できることを意識し、そのことを感謝するのが良いのです。 無意識のうちにも影響されながら、少しずつ相手に学んでゆくことで、成長することができます。




 鏡像

鏡像関係 興味関心が似るが態度は違う 尊重し合える関係

ESTJ &  ISTP
ENFP &  INFJ
ENTJ &  INTP
ESFP &  ISFJ
ESFJ &  ISFP
ENTP &  INTJ
ENFJ &  INFP
ESTP &  ISTJ

双対関係とは、ペアとして完全な世界を構築する関係です。 無理に相手に合わせて取り繕う必要はなく、自然に付き合うことができます。 それでいて、通じ合うものがあり、絆を確かなものに出来る最良の関係です。

双対関係にあるタイプは、鏡像関係にあるタイプから見た活発になる関係にあたります。 もしくは、同じことですが、活発になる関係から見た鏡像関係にあたります。

鏡像関係にあるタイプは、興味関心や大きな目標は一致していますが態度や方法が異ります。

全ての心理機能で思考、感情、感覚、直観についての順序は変わらず、外向性と内向性のみ反転している関係です。

利用している心理機能は全て異なりますが、興味関心はかなり共通するところがあります。 その人の一生のテーマが共通していることも稀ではありません。 相補的で、尊敬し合える関係です。

役割は違っても、同じ職業、同じ職場を選ぶことは、よくあることです。 そして、大局的な目標は一致しています。

すぐに、似た者どうしであることに気がつくでしょう。 しかし、物事に接したときの具体的な姿勢や態度は異なっています。 違和感を感じたら、内向性と外向性の違いや、判断と知覚の違いに目を向ける必要があります。

物事に接して知覚し判断し結論に至るまでの途中の姿勢は異なります。 そのため、いつも一緒に仲良くというわけにはいきません。 ときにどこか冷めた雰囲気になってしまうこともあります。 しかし、それはそれで必要な時間なのかもしれません。

双対関係のタイプ か 活発になるタイプが第三者として居てくれると 良好な雰囲気になります。

一方が確信を持つに至った地点が、もう一方のタイプには新しいことへの始まりにしか見えないことがあります。 そのため、自分の意見に固執することがあれば、議論がエスカレートしたり、勘違いが生じたり、 気遣いの欠如により不信感が生じたりしてしまいます。

不和を避けるためにも、8つの心理機能 を良く学び、その長所と限界を知っておくのは有益なことです。 お互いの長所を認め、謙虚に補い合うことを意識すると良いでしょう。 批判を謙虚に受け入れるならば、建設的で発展的な関係にすることができます。

認知の順序がぴったり合っているので、 お互いの気づきと情報共有を埋め合う形で進めることを意識すれば、かなり心地よいでしょう。 最終的には、双方で納得のできる成熟した結論に至ることができると言われています。

内向性と外向性、判断と知覚の態度の違いを尊重し合うことさえできれば、 極めて有益で楽しい関係を築くことができ、お互いに成長することができます。




双子

双子関係 優勢心理機能が同じ、でも、視点が違う

ISFP &  INFP
ISTP &  INTP
INFJ &  INTJ
ISFJ &  ISTJ
ESFP &  ESTP
ENFP &  ENTP
ENFJ &  ESFJ
ESTJ &  ENTJ

このタイプは、第一の心理機能と、第四の心理機能が同じです。 なので、長所と短所が似ます。 しかし、第二と第三の心理機能が異なるので、ものの捉え方や考え方、感じ方が少々異なってきます。

ある程度、成熟してバランスを取るようになるとかなり通じ合うものがあるでしょう。




そっくりさん

そっくりさんとの関係 ビジネスライクで協力できる

ESTJ &  ESFJ
ENFP &  ESFP
ENTJ &  ENFJ
ISTP &  INTP
INFJ &  INTJ
ENTP &  ESTP
ISFJ &  ISTJ
ISFP &  INFP

似た物同士で健全な関係を築くことができるでしょう。

通じ合うものがあり、比較的容易にコミュニケーションを取ることができます。 互いの存在が脅威になることもなく、 人間関係を発展させてゆく上で深刻な摩擦はありません。

しかし、長所が異なるので、片方だけ納得して終わらせていることがあります。 また、認識の仕方に異なる点があるので、個人的な関心ごとには互いに興味が持てないかもしれません。 そういった場合には、親密な友人というよりは、知り合いとか、ビジネスでの間柄のようになります。

似ているがゆえに、同じ問題に直面しやすく、慰め合うだけで進展しないことがあります。 普段は、お互いに助け合う関係でとてもうまくやってゆけます。 しかし、両者が苦手とする問題や失敗に陥ると、なかなかそこから抜け出すことができません。

お互いに理解し合うことは、とても有益なことです。 惹かれ合う点があるならば、同じ目標を達成するために協力し合うことで 実りの多い時間を過ごすことができます。

たまに、どちらか一方が、共感と配慮に欠くことがあって、 相手の欠点を指摘し、怒りに任せて威圧的になってしまうことがあります。 これは、両者にとって不愉快な経験になってしまいますので、注意しましょう。

実は、相手の欠点が全く同じでないにせよ、自分にも当てはまっていたりするのです。 だからこそ、いらいらしてしまうのかもしれません。

一緒にいて、まあまあの居心地の良さを感じることができ、 また奮闘して変化しようとする必要もなく、だからといって退屈することもありません。 この関係には満足することができるでしょう。




鎮静化

リラックスする関係 なぜか一緒にいると怠けてしまう

ESTJ &  INTJ
ENFP &  INTP
ENTJ &  ISTJ
ESFP &  ISTP
ESFJ &  INFJ
ENTP &  INFP
ENFJ &  ISFJ
ESTP &  ISFP

お互いに関心がある話題について語り合うことは尽きることなく、それが楽しく、居心地よく感じられます。 そのように意見交換ができる時間は大切ですが、ついついだらだらしながら一緒に過ごしてしまいます。 それは、良いことでもあり、悪いことでもあります。

相手の言っていることを理解するには、しっかりと耳を傾け、頭を働かせなくてはならないでしょう。 それが、余暇や休息の場合は快適でリフレッシュできるのです。

しかし、仕事の場合はそうはいきません。 同じ目標に向かって協力し合おうとすると困難が生じます。

相手の取った行動の動機を理解できないことがよくあります。 一方が達成したことを、もう一方にとっては不十分であるとか価値のないことなどと思われるかもしれません。

無意識のうちに全く違ったことをお互いに期待しているので、 いざ協力して行動する段階になって問題が生じます。 まるで、蜃気楼のように期待が裏切られたことを嘆きます。 そして、相手の意図や目的に対して批判的になってしまうことがあります。 それは、傍から見れば滑稽で、面白おかしく思われるものです。

この関係の一方の内向的なタイプは、もう一方の外向的なタイプから自由であろうとし、独立して仕事をしようとします。 しかし、外向的なタイプの方は、自分の意見を主張し、内向的なタイプに普通であってもらいたいと思います。

例え一時不仲になったとしても、お互いに惹かれ合うものがあるので、すぐに仲直りするでしょう。 基本的に、気遣いができ、温かい関係を築くことができます。

同じ目標に向かって行動するにしても、分業すると良いでしょう。 そうやって仕事を達成することができれば、お互いに感銘を受ける点があることに気がつくことができます。




準相対

準双対関係 惹かれ合い、反発し、和解しては、惹かれ合い・・・

ESTJ &  ISFJ
ENFP &  ISFP
ENTJ &  INFJ
ESFP &  INFP
ESFJ &  ISTJ
ENTP &  ISTP
ENFJ &  INTJ
ESTP &  INTP

お互いがどこか神秘的に見え、好奇心を持つことになります。 共通の関心ごとを見つけるのは簡単で、語り合う話題は尽きることがなく、退屈することもまたないでしょう。 話し合いの時点では、自然と相手の言っていることや目的を理解することができ、親密さを感じます。 特に、両者の抱えている問題に真摯になって目を向けることができます。

しかし、実際には両者ともに異なるやり方で世界を見ています。 そのため、一方が何か大切なことを表に出さないようにしているように感じられます。 深い理解に至ることは容易ではありません。 そのためにも、8つの心理機能とタイプの心理機能の順番について知ることは有益なことです。

むやみやたらとお互いを理解しようとすれば、エネルギーを浪費するだけでしょう。

問題が生じるのは、実際に計画を行動に移す場合です。 話し合っているときには、感じることのなかった決定的な違いを目の当たりにして、 がっかりしたり、困惑したりします。

問題が生じるのは、実際に計画を行動に移す場合です。 そのときに、決定的な違いを感じることがあり、がっかりしたり、困惑することがあります。

衝突が起こっても、容易に和解することでしょう。 その繰り返しです。

男女の間柄の場合には、お互いに魅力を感じます。 互いの理解が完全にならない内に、不和が生じ、どちらかともなく今までのことを反故にしてしまうことがあります。 それでも、完全に疎遠になることはなく、時間が立てば再び仲良くなります。 しかし、それはまた、将来的に不和が生じるであろうことの前段階でもあるのです。

このようにして、仲良くなり、幸せなひとときで親密な関係を築き、衝突が起こって、和解をする、といったパターンを繰り返します。 それは、他人からは本当に仲の良い間柄のように見えます。 男女の場合は、相手を気遣い、情熱的に愛し合っているように見えるものです。

どんなに繰り返しても、根本的な理解には至ることがないかもしれませんが、それでも徐々に 関係は深まります。 概ね良好な関係です。




意見交換

意見交換する関係 外向性と内向性が違うと距離がある

ESTJ &  ISTJ
ENTJ &  INTJ
ESFJ &  ISFJ
ENFJ &  INFJ
ESTP &  ISTP
ENTP &  INTP
ESFP &  ISFP
ENFP &  INFP

用いている心理機能は全て共通しています。 しかし、外向性と内向性の違いのために、心理機能の順序が異なっており、 類似点と相違点があります。

類似した点から共感できることも多く、急接近して親密な関係になることがよくあります。

この関係にとって、 会話を通じアドバイスし合ったり、アイデアを交換することは、とても建設的なことになるでしょう。

ここで、例として、ESTJとISTJの心理機能とその順序を示します。

※画像ログ消失のため海外サイトより引用

第一と第二の心理機能だけでなく、第三と第四の心理機能も順序が入れ替わっていることが 見て取れるでしょう。 これゆえに、心理的な共通性は意外なほど少なくなってしまいます。

衝突しやすい関係のタイプにとっての活発になる関係にあたります。 もしくは、同じことですが、活発になる関係のタイプにとっての衝突しやすいタイプにあたります。

実際に、共に行動しようとすると問題が生じることがよくあります。

内向タイプは、慎重になることを促し、活動を抑えます。 逆に、外向タイプは、率先して表に出し、活動的であることを促し、何もせず過ごすことがないようにします。 それぞれに利点があるのですが、お互いにそれを理解できず、気に触ります。

また、第三の心理機能は、他者から補いたいものなのですが、この関係の場合、相手はそれを第四の心理機能として 抑圧しているので、叶わないことです。

第二の心理機能と第三の心理機能のバランスを取ることが、その人の課題となります。 しかし、その課題も共通していません。

一方が第一の心理機能としているものは、もう一方では第二の心理機能です。 そのため、相手の第一の心理機能の働かせ方にお互い学ぶ所があります。 長所となり得ると気づいていることについて、さらに関心を寄せるのは当然のことです。

しかし、一緒にいると、自分の長所を一方的に主張して相手の関心を惹こうとしてしまう傾向が強くなります。

お互いが、一人になったときに始めて相手の良い点を認められるようになります。

この関係では、内向的なタイプが、どこかよそよそしく堅苦しくなってしまいます。 これに対して、外向的なタイプは、あまりよい印象を持ちません。 過度に心配したり、疑い深くなってしまいます。 しかし、実際のところ内向的なタイプの方はとりわけ悪意はないのです。




 

比較対象

比較対象になる関係 似ているように思われてかなり違う

ESTJ &  ENTJ
ESFJ &  ENFJ
ENTP &  ENFP
ESTP &  ESFP
ISTJ &  INTJ
ISFJ &  INFJ
INTP &  INFP
ISTP &  ISFP

お互いに似ているように見えて違うところもかなりあります。 同じことに興味関心を示し、始めのうちは同じような考え方、感じ方をするように思われます。

おそらく、しばらくすれば退屈するでしょう。 それでも、大抵の場合、平和の内に過ごすことができる。

しかし、なかなか協力しても同じ問題に立ち向かうことはないかもしれません。

一方が、もう一方の者に指示するような間柄になると、不和が生じて同意に至らないことがよくあります。 実際は、同じ問題に関心を抱いていても、互いに異なった角度から物事を見ています。 そのため、相手は全く実際的でない方法で問題解決を図ろうとしているかのように感じられることさえあるかもしれません。 それゆえに、どちらか一方は妥協せざるを得ないでしょう。

相手の視点をお互いに受け入れることがなかなか難しいと感じられます。 相手のことを利己的であると思うこともあるかもしれません。 そして、その点についてしっかりと言葉で述べることはほとんどありません。

長所を認めることができれば、アドバイスをし合える関係になります。 それは、とても有益なものであると気がつくことができるでしょう。

いつも行動を共にしなければならないような場合は、かなり重々しいかもしれません。




超自我

超自我の関係 素直になれば欠点を補うヒントが見えるはず

ESTJ &  ENFJ
ENFP &  ESTP
ENTJ &  ESFJ
ESFP &  ENTP
ISFJ &  INTJ
INTP &  ISFP
INFJ &  ISTJ
ISTP &  INFP

お互いに尊敬し合える間柄です。 心理的な共通点は少なく、心理的な距離は遠く、お互いがどこか神秘的で理想的に見えます。 始めのうちは、考え方、感じ方、物事に対する反応や行動パターンに関心を示します。 肯定的に意見交換を行い、両者とも関心の持てるアイデアを共有します。 そして、温かい感情を抱くことになります。

共通の関心事がない場合は、どこか堅苦しい雰囲気になります。 話しを聞くよりは、双方ともに自分の観点を述べがちになります。 それは、一方が自信を持って主張することが、もう一方にとっては、確信の持てることとは思われず、 自分の意見を述べ、自己を守ろうとするからです。

それぞれのタイプが主に用いている4つの心理機能はどれも共通していません。 さらに、思考、感情、感覚、直観の順番は真逆です。 内向性 or 外向性、判断 or 知覚の点では共通しており、物事に望む態度は類似しています。 しかし、タイプを表す4文字のうち、真ん中の2文字が異なるので、属性や気質といったものが全く異なります。

鏡像関係となるタイプから見て真逆の関係 ( 衝突しやすい関係 )のタイプが超自我の関係にあたります。 もしくは、同じことですが、真逆の関係 ( 衝突しやすい関係 )のタイプにとって鏡像関係にあたるタイプが 超自我の関係にあたります。 とはいっても、さほど相性が悪いわけではありません。 ポイントを理解すれば問題はありません。 それは以下に述べます。

お互いに、あまりよく知り合わない内は、惹かれ合い、尊敬し合いますが、 関係が近くなるにつれ問題が生じます。

お互いによく理解し合っていると考えていたとしても、日々の仕事や共同作業においては、 相手がわざと間違ってやっているのかと疑念が生じるかもしれません。 ときに、一方が無意識のうちに期待していることと真逆のとこをもう一方が行うことがあります。 相手の意図をすんなりと理解することはなかなかできません。

かつて、温かい感情を抱き親密な関係を期待したことが思い出されるかもしれませんが、衝突は避けられないことです。

やがて、お互いに自分の正しさを主張し、頑として価値観を押し付けようとします。 どちらの考え方、感じ方、認識の仕方が上なのかという、不毛な競争を始めます。 相手の視点が示されてもそれを無視したり、抑えつけたり、軽蔑した態度を取ります。

少し冷静になる必要があります。 もし、この時点で立ち止まって考えることをしなければ、破局は避けられません。

ここで言うところのどちらが正しいのか決着をつけてやろうという争いは全く無意味です。 それは、この16タイプについて学び、 あらゆる視点がそれぞれの意味と役割を持っていることに気がつくことができれば理解できることです。

客観的に違いを認識し、相手の価値を認めることが必要です。 「そいうった捉え方もありかな」と思えるようになりましょう。 自分の欠点を避けるための意外なヒントがそこにあるかもしれません。 少々の距離を保ちながら良好な関係を築くことができるでしょう。




準同等

準同等関係 ( P J 違い ) 関心事は同じでも捉え方が全然違う

INFP &  INFJ
ISFP &  ISFJ
INTP &  INTJ
ISTP &  ISTJ
ENFP &  ENFJ
ESFP &  ESFJ
ENTP &  ENTJ
ESTP &  ESTJ

興味関心が類似しており、話題を見つけアイデアを共有することには事欠かないでしょう。 始めのうちは、お互いの短所が気に触ることもなく、安心感を抱いて親密な関係に急速に発展します。

判断 or 知覚だけの違いですが、両者の用いている心理機能はどれをとっても共通するものはありません。 また、知覚と判断の心理機能の順序も異なります。 そのため、考え方、感じ方、認識の仕方はかなり異なっています。 それでも、第一と第二の心理機能がバランスを保って共同して働くとき、その気質や興味関心の対象はかなり似てくるのです。

このことを、INFPとINFJどうしの関係を例として説明しましょう。

※画像消失のため海外サイトより引用

内向的な心理機能は、その人の内面でゆっくりと着実に働きますが、表現することは困難であり、時間を必要とします。 それが原因で、他者と一緒にいると、もどかしさを感じることがあります。 逆に、外向的な心理機能は、たとえ不完全であっても素早く表現され他者と共有されます。

一方が難なく表現できる類のことが、もう一方がなかなか表現できないので、お互いに相手が優れて見えます。

例えば、INFJの内向的直観の働きが熟成しないうちに、INFPは外向的直観であれこれと本質を見抜き可能性を示そうとするので INFJは羨望を感じるとともに、INFPが要領を得ないことにフラストレーションが溜まります。

INFPが強い感性を内に秘めていても容易にはそれを表には出せないのに、 INFJは外向的感情の働きによって、素直に感情を表現し、その場に相応しくさり気なく気遣いができるので、 INFPは羨望を感じるとともに、INFJのその表現が表面的で軽々しいと感じられます。

以上は、INFPとINFJの場合ですが、他のタイプどうしでも用いている心理機能に応じて同じようなことが起こり得ます。 そして、密かな対抗心が湧いてしまいます。

相手の言っていることが充分に理解できないときは、自分なりに解釈し直そうとして苦労するでしょう。 それでいて、なかなか納得できないまま終わってしまうことが多々あります。

相手は、 重要なことを単純に考えすぎ、単純なことを複雑に考えすぎると、感じられます。

これもまた、用いている心理機能の内向性と外向性がお互いに反転していることに起因しています。

結局のところ、相手の言っていることは、もっと適切に表現できるはずだと思われてしかたありません。

通じ合うことなく、ぎこちない関係になってしまうことがありますが、 その場合は、どちらかともなく和解するでしょう。

このような、PとJの違いを理解すれば、無益に不和に苦しむことなく、同じ関心事のために有益な情報を交換し、 良好な関係を築くことができるでしょう。




衝突

衝突しやすい関係 自身の抑圧していることに気がつかされる

ESTJ &  INFP
ENFP &  ISTJ
ENTJ &  ISFP
ESFP &  INTJ
ESFJ &  INTP
ENTP &  ISFJ
ENFJ &  ISTP
ESTP &  INFJ
両者ともに、同じ心理機能を利用していますが、その順番は真逆です。 何をするにしても、順番が真逆であるということは、共同作業をするときにフラストレーションがたまります。 相手の意図を理解することができず、わざといやがらせをしているのか、それとも頭が悪いのか疑ってしまいます。

心理機能の順序が真逆であるということは、 一つの作業をするにしても、真逆の心理的経過を取りますし、 人生における発達段階の順序も真逆であるということになります。 そのため、若い頃は特に、重要なことが一致しません。

出会って始めのうちは、それぞれの考え方、感じ方、能力に感銘を受け、魅力を感じます。 お互いに人間として興味を抱き、惹かれ合います。 そして、友好的に協力し合える関係を築くことができると信じます。

しかし、常に問題が生じることに気がつき、やがて何かがおかしいと思い始めます。 それでも、そういった問題は大した事ではなく、すぐに解消できるものであると考えるかもしれません。 もう少しだけ努力すれば、お互いに理解し合えると思うことでしょう。 実際には、理解し合うことは容易いことではありません。

第一の心理機能と第二の心理機能は、それぞれのタイプにおいて共同して働き長所となり得るものです。 また、その順序も重要です。 衝突しやすい関係では、 一方にとっては信頼して用いておらず発達の遅れがちな第三の心理機能や抑圧している第四の心理機能が もう一方にとっては重要な働きをしています。 そのため、長所や興味関心、物の捉え方や対処の仕方、行動パターンが全く異なります。

第二と第三の心理機能は、共に程度の差こそあれ、それぞれのタイプで節度を保って働いているものです。 そして、それらのバランスを取ることが各個人のなかで重要になります。 この点で共通しており、惹かれ合う要因になるかもしれません。

自分には真似できないことを自然にやってのけるので、微かな羨望を生じ、魅力的に映ることもあります。

また、苦手な第四の心理機能の働きを相手に完全に任せてしまうことで、やっかいなことや陥りやすい失敗を 避けようとする打算が働くかもしれません。

自分にとっては、当たり前で自然なことが、相手にとっては全くそうではありません。 当たり前のことほど、無意識のうちにやってのけ、もはやいちいち言葉にはしないことです。 そして、無意識のうちに他者にも期待していることです。 しかし、この関係では、そういった期待は裏切られ、相手の行動は予測不可能で、説明も与えられないまま軋轢が生じます。

自己のうちに抑圧したものは、無意識のうちに嫌っているものであり、恐れているものです。 そして、無意識のうちに他者に対してもそれを見せてくれないようにと期待し、価値観を押し付けてしまっているものです。 衝突しやすい関係であるタイプによって、その抑圧した部分をまざまざと見せつけられることになります。

お互いに痛いところを容易に突くことができ、無理解に苦しみます。 欠点を指摘し合うようになると議論がエスカレートしてゆき状況は悪化の一途を辿ります。 相手のことを利己的であると断じてしまうこともあるでしょう。 残念ながら、甚大な被害を残して破局に終わることが多々あります。

何度か関係を保とうとしたとしても結局、疎遠になってしまい、それでようやく解放され安心を感じるかもしれません。 ただし、失ったものが大きい場合は、相手を恨むこともあります。

実は、この衝突しやすいタイプどうしが社会において、出会うことはよくあることです。 一見、興味関心が似ないので住み分けが起こるように思われますが、そうはいっても一つのところに 様々な役割を担う人たちが集まって仕事をするものです。 また、敢えて自分が苦手なことを一生懸命に克服しようとして若い時期を過ごし、 ある程度の克服に成功することができ、それを職業の選択にまで反映させてしまう人たちが数多くいます。 しかし、それは実際、劣等機能の働きに不自由にも固執したままであることが少なくありません。 その結果、職場において衝突する関係のタイプとの出会いとそれに伴う悲劇が繰り返されることになります。

本当に理解し合えるのは、長い間、連れ添い関係を保つことができたような場合です。 お互いが充分に発達し、人格的に成熟した時に始めて本当に分かり合うことができるでしょう。 どちらか一方が未成熟のままでは、相互理解はままなりません。 すなわち、条件としてはかなり厳しいです。

抑圧した心理機能を自己の内で統合し完全なるバランスを獲得することは、 人格発達と自己実現の上で欠かすことができない一生のテーマです。 ほとんどの人は、それを達成することなくこの世を去ってゆきます。

この真逆のタイプと出会うことで、対極を知ることは良い機会です。 決して否定的な感情に陥ることなく、一歩距離をおいて客観的に自分と他人を見つめるように心がけなければなりません。 そのために、やはり、 8つの心理機能の働きと、 その 順番の意味を知ることは有益なことです。

自分が影に押しやってしまったことを、他の誰かが役割として担ってくれていることに感謝する必要があります。 例え、仲良く付き合うことができなくても、その価値を認めることは大切なことです。 実は、自分の内にその性質が宿っていることを認めることができれば、大きな成長につながります。




教師と生徒

恩恵を与える側と受け取る側の非対称な関係 先生と生徒

INFP > INTJ > ISTP > ISFJ > INFP

INFJ > ISFP > ISTJ > INTP > INFJ

ENFP > ESFJ > ESTP > ENTJ > ENFP

ENFJ > ENTP > ESTJ > ESFP > ENFJ

この関係は、一方が常にもう一方に対して優越し相手を教え導く非対称な関係です。 しかし、両者にとって非常に有益で意味のある関係です。

実際は、優越した位置に来る側も、相手から学ぶことは多いのですが、そのことに気がつけるようになるのは かなり成熟してからになります。

ここで、

恩恵を与える側・・・先生
恩恵を授かる側・・・生徒
と呼ぶことにしましょう。

出会って初めころから、 生徒は、自分にとっては苦手でどうしても複雑に考えてしまいがちなことを、 先生がいとも簡単にやってのけるのを見て、感心し素晴らしいと思います。 それを口に出して褒めることもあるでしょう。 自分と照らし合わせて、あまりにも感銘を受けてしまい、褒め言葉が大げさになってしまうほどです。

生徒は、先生の物の見方や考え方、感じ方、態度から学ぶことがたくさんあることに気がつきます。

それと同時に、生徒は先生の苦手なことや短所となる点にも気がつくので、助けたいと思います。 しかし、先生にとって、それらの点が重要ではないと思われ、せっかくの助けを受け入れようとはしません。 これには理由があります。

ここで、ENFJ (先生) とENTP (生徒) の関係を例にとって説明しましょう。

※画像消失につき海外サイトより引用

ENTPの第三の心理機能は、外向的感情で、人間関係の調和を大切にしたいと思っています。 しかし、なかなかうまくそれができません。 場に相応しい振る舞いをし、それでいて感情表現豊かで、 周囲の人々のモチベーションを挙げ、上手に協力関係を築くことが課題となります。

一方、ENFJの第一の心理機能はまさしく外向的感情で、ENTPの課題となることを常日頃から難無くやってのけており、 それが長所になっています。

さらに、ENTPの第一の心理機能は外向的直観ですが、これは要点を得ず発散してしまうという短所があります。 しかし、ENFJは第二の心理機能として内向的直観が働き、本質を見抜きながらも、しっかりとツボを押さえます。

ENFJは第二の心理機能として内向的直観が働くので、ENTPの直観にとりわけ強い羨望を抱くことはないでしょう。 寧ろ、ENFJは外向的直観の働きを無意識に追いやっているところがあります。 そのために、ENFJは、ENTPの用いている外向的直観の良さを見逃しがちになります。

結果として、ENTPはENFJから一方的に学ぶことが多くなります。

一方、ENFJが第四の心理機能として無意識のうちに抑圧しているのが、内向的思考です。

内向的思考と外向的直観はENTPの得意とするものであり、自然とENFJの短所として目につくところとなります。

しかし、 ENFJは他の心理機能をよく働かせてうまくやってゆく方法を確立するので、 ENTPの好意が受け入れることはなかなかありません。 寧ろ、ENTPの一歩距離を置いて冷徹に考えようとし共感しない姿勢に嫌悪感を感じることもあるかもしれません。

ENFJはENTPの良さがなかなか分からないことになってしまいます。 このことが、ENTPにとっては、あまり良い気がしないのは言うまでもありません。

ENFJの第三の心理機能は外向的感覚であり、他者から学び補いたいところです。 しかし、ENTPは外向的直観を使ってしまっているので、その望みは叶いません。

このようにして、ENFJはENTPに対して恩恵を与える側となり、ENTPはENFJから恩恵を授かる側になるのです。

もちろん、この関係にある他のタイプどうしにおいても、 用いている心理機能に応じて同じように説明ができます。

先生は生徒に対して優越した立場になります。 しかし、それだけではなく、積極的に生徒の苦手なことを助けようとしたり、 陥りがちな失敗から守ろうとします。 そういったことのできる者は他にいないように思われるほどです。

生徒は、先生のことを尊敬します。 確かに、生徒はこの関係から大きな恩恵を受けることができて、大きく成長を遂げることになります。

このように、互いにとって大きな意味を持った関係になります。 そのため、この関係は非対称でありながら、非常に強い結びつきが生じます。

やがて、生徒が成長して、もはや学ぶことがないと思うようになります。 これもまた錯覚なのですが、その段階で徐々に関係が冷めてしまいます。

そして、逆に、生徒が先生に教えることがあると言ってお節介をやくようになると、うまくいかなくなります。

実は、この関係において、先生の方が生徒の側から学ぶことは多いのです。

なぜなら、先生が抑圧している第四の心理機能の働きを、 生徒は第二の心理機能として働かせ、その長所を発揮しているからです。 先生が陥りがちな過ちや失敗、そして苦手とすることに対して示唆するものは多くあります。

しかし、第四の心理機能が発達し、その利点が意識されるようになるには、順調に発達して成熟してからのことです。 それでまでは、先生の側は生徒から学ぶことがあることに、なかなか気がつかないことになります。

このことを理解し気に留めておけば、両者はますます良好な関係を築くことができるでしょう。




 

監督と選手

監督する側とされる側の関係 監督と選手

INFP > ESFJ > ISTP > ENTJ > INFP

INTJ > ENFP > ISFJ > ESTP > INTJ

ENTP > ISTJ > ESFP > INFJ > ENTP

ENFJ > INTP > ESTJ > ISFP > ENFJ

この関係は非対称な関係です。一方が、もう一方より常に上の位置にいて監督するような状況になりがちです。 しかし、この関係は、両者にとって良い関係です。

ここで、

監督する側 ・・・ 監督
監督される側 ・・・ 選手

とします。

監督は選手の考え方、感じ方、物の見方、態度、能力などを面白いと思い非常に強く関心を寄せますが、 不十分であるとも思われるので、アドバイスや援助をしようとします。

しかし、選手は監督の見解に馴染んだ認識を普段からしておらず、そのためにさらに監督は選手の認識を 何としてでも変えさせようと、口やかましくなります。

選手は監督の見解を受け入れるのにかなり苦労をすることになります。 それゆえに、監督は苛立ち、結局のところ、選手が単純に理解したくないのだと思ってしまうことがあるかもしれません。

監督は選手のことをあらゆる点で常に注意して見ているような状態になります。 監督が何も言わないとしても、選手はそのように感じるかもしれません。

選手の短所は、監督に対しては筒抜けで、隠すことも守ることもできません。 そのため、選手は神経質になります。 そのことがまた状況を悪化させる原因になってしまいます。

実際のところ、監督の言動は自己満足で、ちまちまとあら探しをして口うるさく言っているに 過ぎないことも多々あるのですが、選手はそられのことまでも真に受けてしまう傾向にあります。

そして、事あるごとに監督の評価と承認を求めます。

しかし、監督から褒められることは稀なことです。 大抵の場合、監督は選手のことを低く評価してしまいます。 このことで、選手は躍起になってあれこれと手段を講じて自分の価値を証明しようとします。 残念なことに、それが上手く行くことは、ほとんどありません。

監督は選手のことを気にかけ、差し出がましくも意見を押し付けようとします。 もし第三者がいる場合、この関係について、選手は不満を漏らし、問題を解消しようと議論を始めます。 しかし、これが上手くゆくことはなく、監督はますます選手のことに関心を抱くようになります。

この関係は、良き友人のように見えるでしょう。 私たちは、常に様々な人間関係を結び、社会的な存在になるわけですが、 そういった状況において、この関係は意味があります。

監督は選手が陥りがちなトラブルから守り、選手が注目に値することを知らしめます。 そして、周囲の人たちは同時に、監督が守護者としての役割を担っていることを認めます。




 

究極の四人組

究極の4タイプ関係 均整と調和の取れた小社会

相性が非常に良い4人組です。

双対関係、 活気づく関係、 鏡像関係 のタイプが集まって、4タイプで一つのグループになります。

4人が集まることで、それぞれの短所は抑制され、不健全なまでに騒がしくなることもなく、 静かになりすぎることもなく、一人一人の自然な特徴を活かして、平和的に協力することができます。

目標がないときでも、この四人は一緒にいて楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

グループ 1
ESTJ INFJ
ENFP ISTP

グループ 2
ENTJ ISFJ
ESFP INTP

グループ 3
ESFJ INTJ
ENTP ISFP

グループ 4
ENFJ ISTJ
ESTP INFP

この4タイプ関係の仲間を見つけることが、海外では、はやっています。 是非、みなさんもやってみてはいかがでしょうか。 どのグループにも希少タイプがいますので、以外に難しいかもしれませんが、 だからこそ、そろったときは喜びも大きいものになるでしょう。

また、ある程度、大人数の企業などでは、究極の4タイプ関係を作ることが簡単になるでしょう。 この4人組をひとつの単位として、仕事を担当することで業務効率が非常に上がり、また、 各個人の満足度も高いということです。

個人の能力だけでなく、こういった視点から採用や人事を決める方式が日本にも広まっていくことが予測されています。

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。