ISFJ型について

Pocket

読者さんよりリクエストがありましたのでお応えします。かつてネットに存在していたMBTIの解説サイト「MBTI性格タイプ論の視点から世界を覗こう」というサイトからの引用になります。タイプはISFJ型についてです。このサイトは考察が神がかっていましたから、とても貴重な人類の資産です。多分、地球よりも文明度の高い宇宙人の方が書いたか、もしくは時空の旅人が現世に残した一葉のサイトでしょう。バーナム効果ともとれつつもそれを凌駕する解説力に驚嘆します。

ちなみに、INFP型の私から見てもこのISFJ型の解説はハートの真ん中を射抜かれたような指摘があり、深く共感するところがあります。一方でそれは違う、というところもたくさんあるのでなんともですが、・・・いずれも日本人的な性格なのかもしれませんね。

 

ISFJ型

 1.心的機能要素の構成から分かる! ISFJ型の性格特徴説明

優勢 内向的感覚 Si
補助 外向的感情 Fe
代替 内向的思考 Ti
劣勢 外向的直観 Ne

人間や物事の具体的な特徴を事細かに捉え、その印象をしっかりと覚えています。 そういった記憶は、内面において豊かな世界像を結びます。 だたし、それは他者からは見ることはできません。 関連したことが、折りに触れて思い出され、慣れ親しんだものに信頼を寄せるようになります。

控えめで、勤勉です。

日々の作業を注意深く堅実にこなし、ミスをすることはほとんどありません。 人にまつわることはよく覚えており、親切で、気遣いができ、その場に相応しい振る舞いを心得ています。

自分の役割を真剣に受け取り、地道な努力をします。 また、献身的に人に尽くし、細かいところまで注意が行き届きます。

ISFJは、人とのふれあいや、独立した理論的な判断を通して、 より細やかに自分の経験する世界を捉え、確かなことを粘り強く定着させ、 安全で安定した生活を築くことにエネルギーを注ぎます。

自然と他者に対して注意が向きます。 ある瞬間の表情や会話の一部などを、 何年経っても鮮明に思い出すことさえあります。 相手の特徴や癖、嗜好、人物背景などの情報を基にして、 本人が望んでいることを察することができますし、 また、それに基づいて適切な対応を取ることが出きます。

図、表、写真、その他の文献にあるデータなどを観察し、分析します。 必要な資料は、いつでも見返すことができるように、普段からきちんと分類し、整理しておきます。 直近の予定は忘れないように書き留めるなどして、間違いのないよう心がけます。 また、構造物の仕組みに対する理解力と美的センスがあり、 自然の風景や、建造物、芸術作品などをゆっくりと眺めます。

他者の振る舞いや人間関係をよく見ているときは常に、 自分なりに感じるところがあります。 また、自分が見聞きしたことや、経験したことをよく分析し、価値観を形成します。 人を不愉快にさせたり、迷惑をかけたりする行為には賛同できません。 一方で、利他的な態度や、人の真摯な姿勢に心を打たれます。

ISFJは、謙虚で素朴です。虚栄を張ったり、気取ったりすることはしません。 伝統的で、礼節をわきまえ、社会的な価値観を大切にします。

他者が最善の状態で力を発揮できることを望み、そのために尽力します。 健康状態を気遣ったり、協力関係が上手く行くように取り計らったりします。 また、日常を維持するための細々とした仕事を粘り強く繰り返します。 慎重に義務を果たし、思いやりがあるので、人から信用されるようになります。

しかし、周囲の人たちは、ISFJの堅実で地道な仕事に支えられていることを忘れがちです。 さらには、ISFJは賞賛されることを自ら求めることもなく、注目されることを望まないので、 いつのまにか不相応に扱われてしまうことがあります。 是非、たまにはISFJに対して感謝の気持ちを伝えてあげて下さい。 きっと、心から喜ぶことでしょう。

家庭内を綺麗に整え、家事や家計のやりくりを怠ることはないでしょう。 家族に対しては、幾分、リラックスでき感情表現豊かかもしれません。 家具を機能的に配置し、美しい装飾品を並べます。 親子、兄弟、の関係や役割を真剣に受け取ります。 親としては、子どもをきちんと養育し、保護者の役割を果たします。 共に作業を行い、生活の知恵を伝えようとします。 礼儀と規律を教え、人に迷惑をかけることのないように、為すべきことを怠ることがないように、躾をしようとします。 恒例行事を大切にし、親兄弟の誕生日や親戚の集まりなどには、進んで参加し、準備や後片付けの手伝いをします。

何かを頼まれたときは、断るのが難しいと感じるかも知れません。 自分のことより、他人の要求を優先することがよくあります。

また、細かいところまで注意が行き届き、 完成度の高い仕事をするので、 頼られるようになるのですが、 それが当たり前のようになると、負担が大きくなってしまいます。

協力関係を大切にし、人間関係の不和を望まないことはとても良いことですが、 負担が大きく、ストレスを感じるならば、 思い切って自分自身の要求を人に伝えましょう。

世の中には、残念ながら、自分の利益のために他者を都合よく利用しようとする人たちがいます。 運悪くそういった人たちに遭遇し、都合よく利用されていることに気づくと嫌悪を感じます。 そのようなことに敏感になると、拒絶的になったり、人との付き合いをやめてしまったりします。

ISFJは、他者との協力関係を大切に思い、献身的に働くので、自然と全体の利益が維持されます。 大抵の場合、良き協力者に巡りあい、上手くやってゆけるでしょう。 しかし、損をする状況に陥ることもあるようです。

利他的な姿勢と自分の利益の追求とのバランスをうまく取れないことに悩むことがあります。 本音をなかなか言えず、建前に縛られやすいところがあります。 自分の本音に気がついて愕然とすることがあるかもしれません。

普段から無駄なおしゃべりはしません。 自分自身の内面に怒りや悲しみ、もやもやした思いが生じたときは、 人に話しを聞いてもらう必要がありますが、 その相手が見つからないことがあります。

鬱憤を内に留めておくと、自分ではどうしようもないほどに、増大してしまいます。 そんなときは、不健全な思考に陥ってしまうかもしれません。 健全な自己表現の方法や、はけ口となる手段を見つける必要があります。 自分の悩みを隠すこともできず、だからといって明確に表現することもしないので、誤解を受けることがあります。 ISFJと親密な人間関係にある者は、ムードを察して、進んで話を持ちかけ、問題を明らかにする必要があります。 他者からの肯定的なフィードバックを受けることができれば、やる気を出すことができます。

古くからの友人や恩師を大切に思います。 礼儀、マナー、エチケットを守り、円滑にコミュニケーションいます。 少数のグループや、一対一の対面の方が、自分の思いや意見を表に出しやすいと感じます。

マナー違反で他人に不快感を与えている者を見ると嫌悪感を抱きます。 そして、それが身内なら恥と感じます。 咎めることがありますが、言い方には配慮します。 実際には、その人がちょっとした変わり者で害がないことを知ると寛容に許すことができます。

社会的な不条理や公平性に欠いたことには憤慨し、頑固に抵抗することがあります。

身なりは清潔で清楚であることを心がけます。 暴飲暴食をすることはありません。 しかし、味や予算を考慮して手頃なものを見つけると、以降、それを選び続けます。 あまり新しいメニューを試すことがないので、バラエティの広がりは遅々として進まないことがあります。 この傾向が強いと偏食になることがあります。 体調の変化にはすぐに気がつき、その対応を取ります。

買う物を慎重に吟味し、お金の管理をしっかりします。 衝動買いで損をすることはしません。 こつこつと貯蓄をします。

社会的に広く認められている男らしさ、女らしさについて真剣に受け止めます。 女性のISFJは、その特徴をすんなり受け入れられるでしょう。 男性のISFJは、他者の意見が気になり、批判に傷つきやすいところが気になるかも知れませんが、 実際は、内面において冷静です。

既存の手法やシステムは、うまく機能するがゆえに存在するのだと信じ、それに頼ろうとします。 新しい方法の導入が提案された時は、それが具体的にどれほど優れているのか、既存のものと比較して説明されなければ、 取り扱う気にはなりません。

本を読むだけでなく、実際に行ってみることで理論の応用を学びます。 単に、抽象的な概念や理論を取り扱うだけでは実感がなかなか湧かず退屈を感じます。 しかし、一旦、応用方法を学び、その重要性を理解すれば、詳細まで記憶し理解して、定着させることができます。

ISFJは、日々の仕事を細やかにこなし、他者に気を配ることができるので、養育者、保護者としての役割を担います。

2.ISFJの美徳と限界、そして挑戦的課題

ISFJの長所

・現実を事細かに捉えよく覚えている
・自分の内によく整理された情報格納庫がある
・経験からよく学び次に役立てる
・粘り強く最後まで終わらせる
・細かいとろこまで注意が行き届く
・丁寧な仕事をする
・内省する
・謙虚で素朴な印象を与える
・礼儀正しくその場に相応しい振る舞いをする
・冷静に考え物事の仕組みを理解する
・倫理観がしっかりとしている
・美的センスに優れる
・社会性や協調性を大切にする
・他者のことをよく見ており、思い遣りがある
・養育する
・奉仕する
・完全な理解を求める
・公平であろうとする
・不公平には我慢がならず正そうする

こういった長所は、一生の間ずっと、ISFJの魅力となることでしょう。 もしあなたがISFJならば、決して自分に反することなく、これらの善い点を手放すことのないようにしましょう。

アキレスのかかと 外向的直観にご注意下さい

馴染んだことにこだわることが多く、 新しいことをあまり挑戦しようとしないため、融通が利かないと言われることがあります。

特に、重要な意思決定においては、既に上手くゆくとわかっていること、慣例になっていることを採用します。 安定を求めるあまり、試行錯誤をしながら道を切り開こうとする気合に乏しいことがあります。

自分の為すべきことや考え事に集中しすぎるので、 関連情報や状況変化を見ようとしなくなってしまいます。

空想や仮定、可能性の話しをすることを楽しめないことがあります。 そのため、有益な意見交換ができなくなります。 また、議論をしながら新しいアイデアを発見してゆこうということがなかなかできなくなります。

懐かしいことや、古くからの付き合いを大切に感じますが、一方で積極的に新しい人間関係を築いてゆこうという姿勢がなくなってしまいます。

相手の言動の本心を見抜けず、真に受けてしまうことがあります。

相手の期待していることを見抜けず、勘が鈍いと思われることがあります。

これらはすべて、第四の心理機能である 外向的直観(Ne) が「アキレスのかかと」になっていることが原因です。 しかし、第一の心理機能である 内向的感覚(Si) の働きを長所をとして発揮するためには幾分仕方のないことです。 外向的直観(Ne) を意識的に鍛えれば解決するなどという簡単なことではありません。 しかし、 外向的直観(Ne) を抑圧していることが欠点となって、せっかくの地道な努力が本当に必要とされているものでないことに気がつかず、 すべてが瓦解することのないように、気に留めておくことは大切です。

大抵の場合は、脇道に逸れることなく粘り強く実行してゆけば目標は達成されるでしょう。 しかし、ときに様々な角度から物事を捉え直してみる必要があります。

ISFJは歳を取るにつれて 外向的直観(Ne) が働くようになるので、柔軟な発想をし奇妙なことも受容する気さくな特徴も現れてきます。

ISFJは人間や物事の印象をよく覚えており、整理整頓が得意なわけですが、 そうやって仕入れた知識やデータをもっと有効活用できれば良いと考えるでしょう。 それは、意味や関連性を汲み取ったり、 新しい組み合わせによって何ができるのか発想してみることによって可能になります。

そのために、たまには現実にとらわれることなく自由な想像を許し、 仲間と共に議論する機会を設けるとことで、いつもと違った有意義な経験をすることができるでしょう。 アイデアが中途半端であると思われても、試してみることで分かってくることは多くあるはずです。

前例のない事態に直面しても、取り乱すことなく、ISFJの 膨大な印象と知識、そして整理されたデータのプールから機転の利いた方法を思いつき、 試行錯誤しながらも改善を重ね、乗り越えることができるでしょう。

 

3.FeとTiの葛藤、折衷、そして統合

外向的感情(Fe)と内向的思考(Ti)の葛藤、折衷、そして統合

ISFJの青年期における課題は、 第二の心理機能である 外向的感情(Fe) と第三の心理機能である 内向的思考(Ti) のバランスを取ることにあります。

他者との結び付きや協力関係を大切にするか、 それとも、雰囲気に流されることなく物事を客観的に見つめ、 効率性や理論的一貫性を追求するか。 その間で葛藤が生じます。

これら二つの心理機能のどちらが優位に働くのか、 それは時と場合によって違ってきます。 はじめから、両方共、うまく統合させて働かすことはできません。 その場その場で、うまく使い分けることになります。

概ね外向的感情の方がよく働きますが、 一人でいるときや内省的なときは、 内向的思考の方がよく働くことになるでしょう。

どちらか一方の働きが強くなりすぎて、その良くない面が影響してしまうことがあります。 実際は、この二つの心理機能はバランスを保って共同して働かせることで、統一した認識に至ります。

外向的感情の働きによって、人間どうしの結び付きを強く感じ、絆を大切にしようとします。 人にまつわる記憶を手繰り寄せ、細やかな気遣いを行い、その場に相応しい振る舞いをし、ときに 熱心に面倒を見ることで周囲の人たちに調和と安寧をもたらします。

人々が困窮した状態にあったり、 抑圧された状況にあったりしたら、 なんとかしなければならないと思うでしょう。

ISFJは人間関係における責任感と思い遣りが強く、 周囲の人間に対しては奉仕の精神を持って行動します。 大きなことをしようとするよりも、小さなことからコツコツと丁寧な仕事を重ね 人々との信頼関係を深めてゆこうとします。 皆がそうすれば、世の中はもっとよくなると思うかもしれません。

絆や協力関係を大切にする思いが強すぎると、 悪い人間関係を断ち切ることができなかったり、 過度に責任を負うことになって損をしてしまうこともあるようです。 さらには、自分を守ることを忘れ自己犠牲的になってしまうことがあります。

ISFJ自身はある程度はそれでも良いと思うかもしれません。 しかし、自分自身が困窮した状態に陥ることがあれば、 誰でもそこから抜け出すために自分を第一に考えなけれなならなくなることでしょう。

平常時における人間関係では、ただ受け取るだけであったり、 ただ与えるだけであるような一方的な関係は 好ましくないことに気がつくでしょう。

なので、進んでボランティアをしようとする人たちに対しても、 過度な自己犠牲は求めるべきではないと考えます。 人間の性質上、それは長続きしないことを経験から学ぶからです。 一人一人の経済的、物質的援助が必要であり、休息が与えられるべきであると考えるでしょう。

このように、ISFJの関心は人間や人間関係に向けられますが、 どのようにして不和や対立を解消し平和を保つべきか、 どのようにして困っている人を助ければ良いのか ということに対しては冷静で理論的に考えます。

小さな気づきを重ねるごとに、全体像が少しづつ明らかになってゆくように、 ひとりひとりが身近な人間との関係を健全に保つことで、 その良い影響が少しずつ広がり、世の中が改善されてゆくことを期待することができるでしょう。

 

4.ISFJの人間関係 恋愛

ISFJの人間関係について

外向的感情タイプだけあって、 謙虚で、他者への思いやりを示し、 自然とその場に相応しい振る舞いをします。 それを見るものは快く感じることでしょう。

どこか内気でぎこちないところもありますが、 感情表現は豊かなので、何を感じているのか分かりやすいでしょう。

気のおけない友人や家族と過ごす時間はささやかな楽しみです。 知的な議論を楽しむこともしますが、 うわさ話やゴシップネタなどにも興味を持つかもしれません。

密かにテレビやネットサーフィンでニュースを見て、 何か感じることがあるかもしれません。

日常におけるささやかな情報を有り難いと思います。

一方でプライベートの時間を必要とし、 一つのことを深く継続して考えることがあります。

日常生活を維持するための細々としたことを 自分でこまめにやろうとするので、周囲の人は有り難いと思います。 しかし、周囲の人間は、それを当たり前と受け止めることなく、 ときに感謝の念を表し、進んでISFJを見習いましょう。

強い確信や厳しい判断を心の内に抱いているとしても、 それは本当に必要なときにしか表に出ません。 時折、礼儀や規範を無視する者には注意したり、 頼りないリーダーに対してはどっと疲れることがあります。

細かいことに意識を集中させることができるのは良いのですが、 外枠からものを見ることが苦手です。 リラックスして考えいつもと違った行動できるように、 たまには、休ませてあげて下さい。

特に若いときは、他者の意見に一喜一憂するかもしれません。 そして、批判に対しては傷つきやすく、心ない言葉に疲れを感じてしまうでしょう。

このタイプを理解するには、 他者への責任感の伴った細やかな配慮 を認め評価する必要があります。

ときどき自分が何を感じているのか分からなくなることがあるので、 親身になって話しを聞いてくれる人を必要とします。

どちらかというと、他者のことを優先し損をしてしまうことが多いようです。 良き友人はその点を察し、注意を促すか支えてあげると良いでしょう。

ISFJの恋愛について

ささやかな日常をともに過ごし、心を通い合わすことの出来る相手を望みます。

あまり落ち着きのない人や、 忘れ事が多い人はいかがなものかとおもいます。 どちらかというと、しっかり者の相手を望んでいます。

しかし、人間関係を真剣に受け止めており、 なかなかざっくばらんな態度をとれないこともあって 自然と恋愛関係になることは少ないでしょう。

とりあえず試しに、とか、 思い切って試しに、などといったことは普段はなかなしません。 恋愛においてそれをすることは本当に勇気のいることです。

しかし、一目惚れすることも多々あり、 熱病に取りつかれたかのように情熱的になります。 はじめは一人妄想の世界から抜け出せないかもしれませんが、 それも苦しくなって、さりげなくも積極的に気持ちを伝えようとするかもしれません。

そんな思い切りも虚しく、受け入れられなかった場合には、 世の終わりだと思われる気分になります。 そして、一人閉じこもって、前にも増して 為すべきことを為すことに集中することになります。 いつ出てくることになるのか、それは神のみぞ知るということです ・・・ではなくて、 その扉を開けたい人は積極的にお願いします。

幸いにも、両思いになる相手を見つけることができれば、 そのひとのことを本当に思い遣って、かけがえのない絆をいつまでも持てるように努めます。

謙虚さと思いやり、 細やかな気づきと洒落た嗜好は 恋愛を育むことにも一役買います。

結婚すると、家族の絆を大切にします。 家庭生活を維持することにかけてはISFJの右に出るものはいないでしょう。

子供ができれば、しっかりと養育します。 人の迷惑にならないように、独立して考えるように躾もしっかりしようとするでしょう。

生活に対する現実感があり、 他者に対しては素朴な感想を持つので、 結婚に対する満足度はそれなりのものになることが多いようです。

双対関係 にあるENTJや、 活発化する関係 にあるINTP、 そして鏡像関係 にあるESFP などは相性が良いということです。 しかし、ENTJとINTPはなかなか出会うことはないかもしれません。

SJタイプはSJタイプと結婚すると群を抜いて満足度が高いことが知られています。 すなわち、ESTJ, ISTJ, ESFJ, ISFJですね。

これらのタイプは、 内向的感覚 が優位であることが共通しています。 すなわち、 夢見がちなことばっかり言っていないで、 ささやかな生活を守ろうとすることが 共通しているのです。

やはり、一般的に言って、 堅実で安定な生活を維持させることが、 結婚生活に欠かすことができないということでしょうか。

 

5.ISFJの趣味

気を休めることがなかなかできず、何かとよく働くISFJですが、 リラックスするときはテレビやラジオを視聴することが気休めになります。

読書で知識を吸収することも楽しみのひとつでしょう。 小説も良いですが、 仕事や家事のノウハウ本、園芸、医学書などの 少し考える必要のあるような技術書も好きかもしれません。 必要に応じて利用しようとします。

菊作りとか盆栽とかやる方もいるでしょう。

水槽で金魚を飼ったり、鯉を育てたり、楽しそうですね。

庭があればそこで野菜を育てるでしょう。 家庭内が殺風景だと思えば、観葉植物をおくかもしれません。

写真や動画を取ることも趣味になり得ます。

家族や親戚と過ごす時間は大切だと思うでしょう。

クロスワードパズルやテーブルゲームなどで ひらめきを楽しむ方も多いようです。 ISFJは、「小さなことからコツコツと、塵も積もれば山となる」を地でゆくようなタイプであり、 クリエイティビティの価値を過小評価しがちですが、 こういった趣味を通して遊び心を育み、 やがて、 外向的直観 を柔軟に働かせるようになってきます。

6.ISFJの嫌なこと、ストレスとその対処

ISFJのされると嫌なこと

自分のこだわりや利益を優先し、周囲の人間に対して礼儀や思いやりがなく、 方針を吟味することなく思いつきで行動しやすい人間には困惑させられます。

充分に考える時間や丁寧に仕事をする時間を与えられないと不満を感じるでしょう。 中途半端な段階で成果をとりあえず開示するということは好みません。

空想や仮定のはなしで盛り上がるのは、休み休みにしてもらいたいと思います。

既に確立されている方法を無視して、 新しいことに興奮し、クリエイティビティを強調されると参ってしまいます。

ストレス反応

普段と違った状況に対応しなければならないときや、 抽象的な概念の理解につきあわなければならないときは 相当のエネルギーを必要とし、疲れを感じるでしょう。

些細なことにこだわり始めます。 そして、他者に自分の判断を押し付け、口うるさくなります。

どこか冷淡な感じを与え、ひとり引きこもってしまいます。

ひとり閉じこもって あることないこと考え、不安を増幅させます。

インターネットで他人の不幸を読み漁り、 人間の愚かしさや利己的な態度に注意深くなろうとします。

人間関係に依存的になります。

潔癖になります。

普段とうってかわってだらしなくなり、 あれこれと興味が移ろいゆくままに関心を向けます。

衝動的な知的好奇心に身を委ね、 必要のないものを買ったり、際限なくテレビや本を見続けます。 逆に極端なまでに禁欲的になり、全くリラックスできなくなります。

ストレスへの対処法

人に話しを聞いてもらうのが良いでしょう。 カウンセラーと話して気持ちを整理してゆく方もいるようです。

人々と積極的に交流したり、人々のことを見聞きし調べて、 彼らの良さを発見し感銘を受けると良いです。

普段とは違った面白そうなことを探して挑戦してみるとよいでしょう。 そして、たまには為すべきことを人に任せて、 一度しかない自分の人生を楽しみましょう。

 

 7.ISFJのリーダーシップ

方法論的で細やかな配慮をしながら確実に仕事をこなしてゆくことと、 他者や人間関係に配慮し、礼儀正しい所があるところから、 少しずつ任されることが大きくなってゆくようです。

組織においても、政治的なことに気をつかいながら 進めてゆこうとするので、 無駄な敵愾心を持たれることもなく、 足元をすくわれることは少ないでしょう。

現実的で堅実な方法で対処してゆくので、変化には弱いものの 大抵の場合、組織の安定を維持することに貢献します。

ENTJと 双対関係 にあるので、グループを運営維持する場合において、 補いあうものがあるでしょう。

ストレスがかかっていないときは、 内面において冷静であまり憤激することはありません。 ひたすらに、仕事を完遂させるために注意点を見つけようとします。

他者の感情や集団の雰囲気には敏感なところがあるので、 労をねぎらったり、 事務的なことを調整しながら人がより良く働くことができるように尽力します。

 

ISFJに向いている職業、キャリア、お仕事、役割

他者と協力関係を築きながら、お互いのために利益を生み出すことが重要であると考えます。 注意深く観察し、よく記憶しており、細かいところまで気を配ります。 集中力があり、常にミスをなくすことを心がけ、完成度の高い仕事をします。 日々の業務を忍耐強く続けながら、知識と経験を増やしてゆきます。 礼儀正しく、場に相応しい振る舞いをすることができます。 他者のニーズによく気がつき、困っている人には適切な支援をしようとします。 人間関係に配慮しながら、規律を重んじ、安全で安心できる社会を実現することに貢献します。

看護師
医療アシスタント
内科医
小児科医
歯科医
歯科衛生士
医療研究者
薬学研究者
人工透析技師
指圧 整体 マッサージ師
カウンセラー
スクールカウンセラー
産業カウンセラー 産業心理士
臨床心理士
ソーシャルワーカー
保護観察官 保護司
理学療法士
作業療法士
言語病理学者
放射線技師
聴覚機能訓練士
獣医師
公衆衛生士
職業相談員 職業訓練担当者
行政官
栄養士
栄養学者
食に関する研究者
弁護士補佐
弁護士

幼い者、教育が必要な者を責任を持って保護し、ときに優しくときに厳しく、一人前に育つ過程に寄り添います。 他者のことをよく理解し、きちんとした意見を持っています。 また、礼儀や立ち居振る舞いについて関心を寄せ、他者に教えることができるでしょう。 何にせよ、他者を快くもてなし、細やかな配慮ができることは長所になります。

幼稚園 保育園の先生
小学校の教諭
中学校の教諭
高等学校の教諭
生涯学習の先生
学校経営者
リクルーター
人事担当者
企業研修者
宗教教育者
司書 図書館員
葬儀屋
ウェディングプランナー

日々の業務を安定して確実にこなすことで、実りをもたらすことができる仕事に惹かれます。

農家
牧場労働者
公務員

繊細な美を表現することに自信があるのなら、 装飾品や工芸品を作り出すことに集中できるかもしれません。

インテリアデザイナー
宝石細工人
写真家

歴史や伝統のあることに興味をもち、さかのぼって調べます。

歴史学者
系図学者 系統学者
学芸員

他者の感情に配慮できるので、組織には馴染みます。 また、接客など人へのサービスを快く行うことができるでしょう。 気遣いのできる長所を活かすことができる職業が向いています。 また、物の仕組みに対する理解や、細やかな記憶と分析能力を活かした職業を選ぶ人たちもいるようです。 手順の決まったことについて一度学習すれば、それを信頼して用いることができます。

オフィスマネージャー
ホテル支配人 マネージャー
経理
簿記 帳簿係
カスタマーサービス 受付
電気技師
テクニカルサポート

ISFJ型について” へのコメントが 1 点あります

  1. 先日リクエストさせていただいた者です。
    お応えいただき、本当にありがとうございます。
    探しておりましたので、また拝見できることをとても嬉しく思います。

    大変恐縮ですが、管理人様のご負担にならないようであれば、その他のタイプもぜひ読んでみたいです。
    気長にお待ちしておりますので、ご検討いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。