infpは後天的に、人工的に出来上がっていく性格なのかもしれない

仮説ですが、実は、infpの性格は人工的に出来上がってくるものなんじゃないかと思っています。

話を聞くに、大体のinfpさんは幼少期に親から高圧的に押さえつけられた経験を持っているようです。

私の場合は親に痛め付けられた記憶はありませんが、親自身が鬱病であったのでもしかするとまともに愛を受けていない可能性があります。また、私は幼少時代に病弱で何度も死にかけておりやはり病院での治療体験がトラウマとなって吃音を発症していた時代があったそうです。今でもその名残があります。一言目を発するのに苦労したり、言い始めを二度三度繰り返す症状があります。

つまり、こういったトラウマ体験が脳に作用し、この生きづらい性格を形成しているんじゃないかと。
この空想癖ももしかすると、どうしようも出来なかったつらい現実から逃れるための自己防衛、-現実逃避の手段として身に付いたのではないかとふと考えてしまいます。

関連記事
【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    あの日のコメント欄がえらいことに、、苦笑
    頑張るんはいけん、しんどい。でも頑張れ田中さん!

    って応援はしとります(*´-`)/