ESTP型について

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

読者さんリクエストにより、かつてネット上に存在していた「MBTI性格タイプ論の視点から世界を覗こう」というサイトからのログの転載です。 ESTP型についてです。

このタイプもESFJと並んでINFP型と仲がいいのですね。もしかすると私の妻もこのタイプかもしれません。

1.ESTPの特徴 SeTiFeNi 一般的描写

心的機能要素の構成から分かる! ESTPの性格特徴説明

優勢 外向的感覚 Se
補助 内向的思考 Ti
代替 外向的感情 Fe
劣勢 内向的直観 Ni

好奇心旺盛で、行動力があり、刺激を求めてリスクがあることにも果敢に挑戦し奮闘します。 人には言わずとも、自分なりの考えを持っており、冷静で理論的に判断し、自己規律の下で行動します。

対人関係では、格式張らず、他人が必要としていることに気づくことができます。 自然と人々の輪の中におり、チャーミングな言動で、注目されることも多いでしょう。 必要であれば、他者を説得し、協力を促して目標を達成しようとします。

何よりも、実際にやってみることが大切だと考えます。 計画を綿密に立てるためにあれこれ悩んで何もしないで過ごすことは、身体も心もさびつかせるだけです。 その間に、意欲やチャンスを失ってしまっては意味がありません。 実行してみることで、新しい発見があり、考えるきっかけが生じます。 自分の行動があって始めて、相手の反応を知ることができ、次のステップへ移ることができるのです。 ペースが速く、すぐに変化が起こることを望みます。

観察力に優れ、状況を冷静に分析します。 そして、次の行動の方針を決めることができるのです。 実践と思考を繰り返して、独自の知識体系が頭の中で整理され広がってゆきます。

たとえ失敗したとしても、その理由を冷静に分析して方針を修正し、再び挑戦します。 感傷に浸りながら振り返ることはしません。 奮闘の末、困難を乗り越え、問題解決ができて、目標を達成することができれば良いのです。

何よりも、自由を望みます。 自由に羽を伸ばし、くつろぎたいと思います。 現実世界の多種多様な姿を自分の目で観察し肌で触れ、理解したいと思います。 スピード感のある刺激的な体験に身を委ね、自分の判断で危険を回避するスリルを味わいたいと思います。 スポーツで身体のエネルギーを発散させることにも喜びを感じます。 そういった考えが浮かぶと、それを実現したいという衝動に駆られます。 規則に縛られることを嫌がります。 あまりにも長い時間、じっとしていることを強要されると、退屈を感じます。 さらには、いらいら感を募らせるようになります。 そのような時間が一人ずっと続くと、不健全な思考と感情にとらわれてしまいます。

世の中、はじめから何もかも分かっていることなど、そうそうありません。 現実は変化するものであり、反応は自分で引き出すものです。 そして、実態に合わせて行動の方針を決めてゆけばよいのです。 確かに、こういった戦略では、考え不足が招く、失敗はついてまわりますが、 じっと机に向かい、外に目もくれないでいるよりは、遥かに有効であると考えます。

だめでもともとだと思われても、実行してみる価値はあるかもしれません。 独自の考えと、好奇心に従って、大胆な行動をとり、周囲を驚かせることがあります。 自分のアイデアに従って行動するとき、 一般常識、モラル、マナー、権威、ルール、伝統などといったものを縛られることはありません。 そういったことは、ESTPにとって、単なるガイドラインに過ぎないのです。 自分で納得できれば、大抵の人間が躊躇することも、実行に移します。 こういった態度は、周囲の人たちから、無謀だとか奇行であるなどと受け取られることがしばしばあります。 特に、教師に気に入られることはないでしょう。 しかし、一般常識を打ち破る新しい発見やチャンスの開拓には、欠かすことができない姿勢なのです。

こういった型破りな行動は、自分なりの考えに忠実に従った結果です。 一般常識やルールなどといったものは、 それらが本物で、有効に働いているうちは意味がありますが、 往々にして、実態にそぐわないことがあるものです。 また、緊急事態や前例のないケースに直面したとき、瞬時に自分で考えて行動しなければならない時があります。 ESTPは、無意識のうちにそういった姿勢を身につけています。

今この時に訪れたチャンスを、将来のために後回しにすることは愚かだと感じられます。 それが、いつまでも待っていてくれる保証はどこにもないからです。 将来の問題は、そのときに考えて対処すれば良いことです。 今を犠牲にすることはしません。 今この時、この瞬間を懸命に生き、楽しむことができます。

こどものときから、体を動かすことが好きで、やんちゃでいたづら好きだったかもしれません。 観察眼と識別力が発達しており、五感を働かせることに集中することができます。 物事を理論的に考えながら、身体を動かしたり、手作業をしたりすることが得意です。 地に足をつけて現実的な考え方をし、実用的なことに興味を持ちます。

あくまで、自分のやり方を貫こうとするので、 厚かましい態度で、他人を不快にさせることがあります。 一方で、他者の意見に耳を傾けます。 自分が悪いと思えば謝るでしょう。

他人の真摯な態度に強く心打たれ、尊敬することがあります。 また、普通は、親を尊敬し、家族をいたわり、愛情を表現します。 しかし、自分自身のこだわりや、効率性を重視する結果、礼儀は略式になります。

他人が必要としていることがなんとなく分かり、他人と協力して仕事をすることを好みます。 他人のことをよく観察し、それぞれ何ができて何ができないかひとり分析します。 必ずしも、全てが自分の考えどおりであることも、自分のやり方で行われる必要もありません。 それよりも、目標を成し遂げるために、先に進めることを重視し、協力者のやり方に任せることができます。 ときに、率先して行動し、他人を動かして、リーダーになることがあります。

人間関係の揉め事で、先に進まない状況は好みません。 仲介に入ることはありますが、それはあくまで、円滑に作業を進めるためです。 気長に話し合いを見守ったり、カウンセラーの役割を請け負ったりすることはしません。

基本的に、自分自身で深く考え、やるべきであると納得したことを実行します。 その際の、自己規律は厳しいもので、甘え怠ることはありません。 一方で、 他人が責任についてあれこれ言ったとしても、聞く耳を持たないことがあります。 何事も、自分自身がやるべきだと考えるからやるわけであって、あくまで押し付けられるものではないのです。

ときに、ご都合主義的な着想に基づいた考えで、ひねくれた意見を持つことがあります。 むき出しの真実を知りたがり、合理的に考えるあまり、他人に配慮せず、大胆で率直な質問をしたり、 容赦のない判断を下したりします。

学習においては、実際に体験して覚えることが重要です。 具体的にイメージの湧くことや、計算などは比較的良く理解することができます。 しかし、内容が抽象的になると、興味が持てなくなり、やる気を失ってしまいます。 抽象的な議論に付き合うことは、実用性が疑わしく思われ、時間の無駄であると考えます。

それでも、現実世界において、ちょっとした観察から、目に見えないところで何が起こって、 その結果が今現れているのか、この後、どうなるのか推理することがあります。

大抵のESTPは、目に見えるもの、身体で感じられるものだけを確かな事として信じ、 証拠が曖昧なことについては否定的です。 しかし、中には神秘的な体験をして、心霊現象や超常現象に興味を持つ人がいます。 この世界の存在の秘密を認識する者もいます。

自分の経験を表現するときは、事実を淡々と率直に話します。 余計な粉飾や回りくどい比喩表現はほとんど使いません。 ときどき、自分の感情表現が交じるくらいです。

ESTPと相性の良いタイプは、INFP, ESTP, ENFJ, ISTJ, INTJです。

 

 2.ESTPの美徳と限界、そして挑戦的課題

ESTPの長所

・好奇心旺盛で様々なことに興味を持つ
・行動して活路を見出す
・実務的で実践的
・観察力があり注意を喚起する
・タイミングを見計らい機会を逃さない
・冷静に物事の仕組みを理解しようとする
・リスクを背負ってでも新しいことを挑戦する
・やってみないとわからないことはやってみる
・楽天的で前向き
・社交的で精力的
・真心のある人間を尊敬する
・臨機応変
・客観的
・雰囲気に流されない
・試行錯誤で困難を打破する
・他者の能力や価値を認める
・他者の要求に広く応えようとする
・皆の目標のために他者を動かすことができる
・愛嬌があり格式張らない

こういった長所は、一生の間ずっと、ESTPの魅力となることでしょう。 もしあなたがESTPならば、決して自分に反することなく、これらの善い点を手放すことのないようにしましょう。

アキレスのかかと 内向的直観にご注意下さい

冷静な思考の持ち主で、普段は理性的に判断しますが、 衝動に身を委ねると、その良き点が失われてしまうことがあります。

活発すぎて、落ち着きがなかったり、 いたずらをして周りの人たちを困らせることがあります。

周囲の状況をよく見て状況を把握しようとします。 観察対象の細かいところまでよく気がつき、不意の出来事に対しても俊敏に反応します。 しかし、何かに興味が湧いたときや、感情が昂ぶったときなどに 前後のことをよく考えることなく行動しようとすると、後々困った状況に陥ってしまいます。

スピード感とスリルのあることや 緻密で精巧にできたもの、または、 おしゃれで雰囲気のよいものなどに魅了されると、 時間が立つのも忘れてそれにのめり込んでしまいます。 その結果、すべきことが後回しになってしまうことがあります。

豪華なもの、美味しい食事や美酒、美しいもの、高価な品物などの贅沢を尽くすことがあり、 刹那的な美や快楽を求める傾向が強くなると、 むやみに金を浪費してしまうことがあります。 そのため、将来に対する備えが疎かになることがあります。

自己規律が弱まるとギャンブルに手を出し、はまってしまうこともあります。

新しいことにすぐに興奮し、幅広いことにランダムに関心を示すので、 やりかけのまま放り投げてしまうことがあります。 今現在に没頭し過ぎると、将来を見据えた計画に従って行動し目標達成することが困難になります。

すぐに成果が出ないことや実証できていないアイデアを信頼することができず、 そのために抽象的な概念を基にした理屈を信じ行動することには前向きになれません。

他者の奥深い内面までは見抜けていないかもしれません。 他者の行動を予測できず、予期しない悪い人間関係に巻き込まれることがあります。

物事の危険性や過小評価してしまうことがあります。 また、力の及ぶ範囲を適切に見積もることができないことがあります。 そのため、予期しない事故に巻き込まれないように注意する必要があります。

また、自分の発言や行動がどういった形で他者へ影響するのかについて考えが及ばず、 礼儀に欠いた言動でをすることがあるので、知らず知らずの内に敬遠されてしまうことがあります。

これらはすべて、第四の心理機能である 内向的直観(Ni) が「アキレスのかかと」になっていることが原因です。 しかし、第一の心理機能である 外向的感覚(Se) の働きを長所をとして発揮するためには幾分仕方のないことです。 内向的直観(Ni) を意識的に鍛えれば解決するなどという簡単なことではありません。 しかし、 内向的直観(Ni) を抑圧していることが欠点となって、せっかくのアイデアが現実のものにならず、 すべてが瓦解することのないように、気に留めておくことは大切です。

瞬間瞬間に没頭し、積み重ねてゆくことは大切なことであり、最も現実的な方法です。 しかし、享楽的になったり、衝動に身を委ねることによって、せっかくの築き上げてきたものが 水の泡になってしまうことのないように注意する必要があります。

瞬間に意識を集中させているときでも、 目の前にあることから読み取ることのできる背後にある事実に気がつくことも必要です。 核心をついていると思われる気づきが自分の頭の中で生じたときは、 少し立ち止まり、身体と心を休めて、内なる働きに意識を傾けてみるとよいでしょう。

その後、具体性を伴った確信に至ることができれば、将来のためにより良い選択ができ、 いつもと違った行動の方針を定めることができるでしょう。

実行すると決めたことの意義を心に留め、冷静な判断を心がければ、むやみに衝動に流されることなく、 不測の事態に巻き込まれることも、将来において困った事態に陥ることも回避することができます。

物理的な力の及ぶ範囲、物事の関連性や傾向、そして他者に対する洞察力が深まれば、 さらに効率的に目標を達成できるでしょう。

 

 3.TiとFeの葛藤、折衷、そして統合

内向的思考(Ti)と外向的感情(Fe)の葛藤、折衷、そして統合

ESTPの青年期における課題は、 第二の心理機能である 内向的思考(Ti) と第三の心理機能である 外向的感情(Fe) のバランスを取ることにあります。

要領の良さや効率性、理論的一貫性を重視し自分の考えを主張するか、 それとも、協力関係や他者と楽しい時間を過ごすことを大切にするか。 その間で葛藤が生じます。

これら二つの心理機能のどちらが優位に働くのか、 それは時と場合によって違ってきます。 はじめから、両方共、うまく統合させて働かすことはできません。 その場その場で、うまく使い分けることになります。

概ね内向的思考の方がよく働きますが、社交的、活動的に振舞っているときは、外向的感情の方を よく使うことになるでしょう。

どちらか一方の働きが強くなりすぎて、その良くない面が影響してしまうことがあります。 実際は、この二つの心理機能はバランスを保って共同して働かせることで、統一した認識に至ります。

内向的思考が前面に出過ぎると、人間的な要素を排除した判断に徹するため、 周囲の人たちからは非倫理的であるとか不誠実であると受け取られます。

利益に聡く懐疑的なところがある一方で、他人の評価もまた気になることろです。

普段は、愛嬌があり、コミュニケーション能力があります。 特に未だ親しくなっていない相手を前にしては、礼儀正しく不快感を与えないように努めます。

人付き合いが上手であったり、真心や情熱を持っている人と接して感銘を受けることがあります。 しかし、相手の言っていることを真に受けて、他人の本心や信用できるか否かを見抜けないことがあるかもしれません。

ときに、相手の非効率性や一貫性の欠如を突いて、議論を始めます。 邪悪なアイデアやひねくれたユーモアで敬遠されることがあります。

非難を受けるとなかなか素直になれず、些細なことで怒ったり、無作法な態度を取ることがあります。 それが傲慢であると受け取られるかもしれません。 快楽や利益を優先してしまうこともままあって、人が離れていってしまうことがあります。 そんなときは、自分の気持ちをうまく人に伝えられず、周囲から疎外されていると感じます。

実際は、他者と楽しい時間を過ごし、できれば協力関係を築きたいと思っています。 余暇は友人と過ごそうと計画することも多く、仕事を一緒にする仲間とは打ち解けて信頼し、温かく接します。

若い頃は特に、交流関係は広くなるものの、信頼関係をきちんと築くことができず、 仲違いをしてしまうことも多いかもしれません。 それでも、徐々に礼儀をわきまえ、他者の必要としていることや、 他者の能力を見抜いて、何をすべきか理論的に考え、 目標達成のために協力関係を結ぶことができるようになります。 そして、共に働き協力して成果を出すことが出来る機会を得れば、信頼できる仲間が増えてゆきます。

また、自然や芸術に触れたり、恋愛を通して、感性を磨き、バランスを取るようになります。 運良く献身的な相手に巡りあえたらならば、強く感銘を受け、そのときまで献身の価値を信じられなかったとしても 考え方が変わってくるかもしれません。

 

 4.ESTPの人間関係 恋愛

ESTPの人間関係について

ざっくばらんに、仲間たちとわいわい楽しい時間を過ごすことができれば良いと思います。

しかし、スポーツや仕事ではライバル意識が生じます。 お互いに切磋琢磨し、潔く勝ち負けを競い合うことでしょう。 もしくは、知識や技術を共有して協力関係を結ぶかのどちらかです。

このタイプを理解するには、地に足をつけた観察力と理解力、 そして活動的な性格的特徴を認め評価する必要があります。

相手の動作や技能はよく見ていて気がつくことが多く、 目をかけてくれたり、手助けをしようとします。 危険を察知したときは注意を促すか、何も言わず俊敏な行動で安全を守るでしょう。

笑うことも怒ることもよくありますが、内心は冷静を保っているかもしれません。 言葉よりも行動の方が、多くを語ります。 このタイプが何を考えているのか、よく観察すれば理解できるはずです。

ときどき前後のことを考えず粗野に行動に出ることがあります。 良き友人はその点を察し、注意を促すか支えてあげると良いでしょう。

ESTPの恋愛について

相手のことを気遣い、自然とリードすることができます。 普段とはちがう気取った演出をするかもしれません。

先ずは思い立ったら行動するという特徴は恋愛においても当てはまります。 そのため、気になる相手には自分の方からアプローチし思いを伝えることが多いようです。

その思いは、言葉より前に態度で現れているかもしれません。 察する能力の高い人は容易に気がつくことができるはずです。

セクシーな肉体美に魅了されます。

せっかちなところがあるので、強引に迫って、一夜の関係で冷めてしまうこともあります。

特に若い頃は、目移りしやすいので、生涯の伴侶を選ぶまでには 多くの経験をすることになるでしょう。

落ち着くまでには時間がかかります。 浮気は程々にしましょう。

少々冷たくされる方が、もえます。 逆に、簡単になびかれると、飽きてしまうかもしれません。 相手の気持ちを読もうと努力し、本当は深い真心があることに気がつくと感動します。

共に、おしゃれなレストランや賑やかな場所に行ったり、 美しい自然に触れたりして、体験を共有することで関係を深めてゆきます。

新しいことを挑戦したり、まだ行ったことのないところに行ったりするでしょう。 そういったことを一緒に楽しめる相手が良いでしょう。

 

5.ESTPの趣味

スリルを自身の身体で臨場感を持って味わうことに喜びを感じます。 スポーツや旅行など、アウトドアで活動的な趣味に没頭するでしょう。

手頃なところでは、車やバイクでドライブを楽しみます。 自転車もまた良いでしょう。

飛行機やヘリコプターなど自分で操作できれば最高ですが、 趣味としてその機会を得ることは難しいかもしれません。

それでも、スカイダイビングを楽しむことはできます。

スキューバダイビングもまた興味を持つでしょう。

身体能力の限界に挑戦したい方は、 探検、登山やロッククライミング、トライアスロンなどで良い汗をかくことができます。 移り変わる風景に目を向け、全身全霊で世界を捉えると同時に分析能力を発揮することができます。 そして、すぐ目の前にある目標を瞬間瞬間に集中して乗り越えてゆくことに奮闘します。 最終地点まで来て、休息できるときには、 心地よい疲れとともに頭も心もスッキリしていることに気がつくでしょう。

自然の風景を見つめ、その美しさと厳しさを感じ取ります。 そうして、リフレッシュすることができます。

スポーツはやるのも見るのも好きでしょう。 瞬発力を発揮する場面や、戦略的に作戦を進める場面において興奮します。

スポーツに参加し慣れてくると、恐ろしいほどの先読みで、適切な位置についていることがあります。 チームワークが大切なスポーツでは、積極的に声をかけコミュニケーションを取ろうとします。

動植物や鉱物、化石など博物学的なことに興味を持つこともあるようです。 自然物の精巧なつくりに感心し、その仕組みについて考えます。

生活用品や小物など、巧妙に作られた芸術的な物品を素晴らしいと思い大切にします。 生活習慣やファッションスタイルに独自のこだわりを持ちます。

食事や芝居、演劇鑑賞にも目が利きます。 雰囲気の良い店などにふらっと立ち寄ることもあるかもしれません。

漫画やゲーム、映画などにも興味を持つでしょう。 もちろん、ジャンルはESTPらしいものです。

ミステリー小説、や推理ものに興味を持つかもしれません。 ちょっとした手がかりから物事の因果関係や犯人の動機を探ることに 面白みを感じることができます。

歳を重ねるにつれて、人間や社会について興味を持つようになります。 それは、多くの人と触れ合うことで、 人々の要求するところや協力関係についての洞察が少しづつ働くようになるからです。 人生を切り開いてゆくためには、良き友人を獲得し信頼関係を保つことの重要性に気がつきます。 それまで、理屈一辺倒でどこか自分本位でひねくれてた解釈をしがちであったことに対して新しい風を吹き込みます。

また、歳を重ねるにつれて、目に見える世界の背後に働いている普遍的な法則や力について勘付くようになります。

それは、瞬間瞬間に没頭している時に突然訪れる気づきであるかもしれませんし、 休息している時に突然見えるビジョンかもしれません。

その時までは、目に見えることしか信じていなかったとしても、 長く生きていると世の中には不思議なこともあるのだと思うようになるでしょう。

 

 6.ESTPの嫌なこと、ストレスとその対処

ESTPのされると嫌なこと

形式や体裁にばかりこだわり、計画を強制され、 挑戦や試行錯誤することができない場合は、窮屈だと思うでしょう。

計画や規律、権威にこだわって、場に即して行動することの自由を与えられず、 非効率的なことを強制されることを嫌がります。

抽象的かつ理論的なことを延々と考えなければならない場にはそもそも居たくありません。

新しい方針を試そうとせず、抽象的な議論や退屈な会議に付き合ったり、 政治や人間関係に過度に縛られることは苦手です。 官僚的な組織での制限は望ましく思われません。

自己犠牲や奉仕を強要されるよりは、 仲間と共に目標を達成し利益を分配することができれば幸いであると思われます。

チームワークが軽視されており、 全体として意思疎通がうまくいってなくて、 秘密の多い環境では、閉塞感を感じます。

ストレス反応

興味関心が移ろいやすくなり、集中力や目的意識が失われます。

考えを巡らし、解決策が見出されないまま思索に迷い込んで出口を見いだせないことがあります。 またひねくれた独自の理論で判断し、周囲の人を扇動することがあります。

長期的な視野で目標を定めることができなくなり、 衝動に身を委ね、身を持ち崩してしまいます。

物事の因果関係や行動の及ぼす影響について、誤った見積もりを基に行動します。 過度に粗暴になったり、危険な行為に身を委ねます。

勇気がなくなり、何をするにしても守りの姿勢で内に閉じこもって 新しい経験をしなくなります。

ストレスへの対処法

何もせず身体も頭もすっかり休めること良いでしょう。 そうしているうちに、自然と目に入ってくることが多くを語っていることに気がつくでしょう。

リラックスして頭を休めている間に、自分のことや周囲の人間のこと、過去の経験や、 自分の経験している世界について自然と考えがまとまり、心身のバランスを取り戻して行けます。

落ち着きがないと言われがちなESTPですが、実は坐禅や瞑想によって得るものが多いのもこのタイプです。 しかし、最初はその落ち着きのなさが邪魔をしてなかなかうまくいかないかもしれません。 この場合も、瞬間瞬間に没頭し、乗り越えてゆきましょう。

 

 7.ESTPのリーダーシップ

大胆な行動力と、冷静な判断、 そしてコミュニケーション能力で周囲の人を巻き込みながら、目標を達成しようとします。生まれた家柄や教育に依存せず、自らの才覚で経歴を作ってゆくことができます。 無秩序の中にあって頭角をあらわし、リーダーとなる人もいます。 カリスマ性を備える者もいます。

お互いが利益を得られる協力関係を提案します。 他人のことをよく見ており、相手の態度や行動の動機を察知する能力があります。 そして、相手が何を必要としているのか見ぬくことができます。 同時に、それぞれの人に何ができて何ができないか気づいており、 集団を指揮する立場になると、困難を分割して、仕事を分配します。 上手に人を押すことできるでしょう。

アイデアを一人で実行しその利益を独占しようとするよりは、 それぞれの能力を活かして協力しながら大きなことをしたいと考えます。

新規事業立ち上げのときや、チャンスを与えられたときは意欲に満ち溢れ、積極的です。 前例のない問題も、その場その場で効率的な選択を行うことができ、臨機応変に立ち向かいます。

客観的な分析能力に優れるので、行動指針において改善すべき点を見つけ、新しい方針を提案することがあります。 非効率なことには耐えられません。 改善すべき点は、直言するときは礼儀をわきまえながらも臆することなく述べるでしょう。

合理性や効率性を優先して、知らず知らずのうちに冷淡な態度をとってしまうことがあります。 半ば強引に行動で示して、説得しようとすることがあります。

目標達成のために滞りなく行動することは大前提ですが、 その上で仲間を大切にするところもあり、 自然と行動しているうちに人間関係が広がってゆきます。

基本的に一人一人が自己規律のもと能力を発揮してもらいたいと思っていますが、 決まりを作り、それを守ってもらおうとするかもしれません。 集団のまとまりを保つことができない場合は、もどかしさを感じるでしょう。

効率を重視するあまりモラルに反した選択をして周囲に人たちから顰蹙を買うことがないように、 いろいろな人から意見を聞くように心がける必要があります。 根底には、皆にとって良いことをしたいという思いがあるはずです。 しかし、自分の意思決定が本当にそこに至っているのか、 自分の目で見て確かめ、広く見識を持って、吟味する必要があります。

初期は、利益追求に力を注ぐことにエネルギーを注ぐでしょう。 仲間たちには目の前のことに集中してこなしていってもらいたいと思います。 いずれ、組織における人間関係や役割を明確に意識するようになり、 最終的には、組織を守りながらも、 長い目で見て、社会に対してどのように貢献しているのか 考えるようになります。

 

 ESTPに向いている職業、キャリア、お仕事、役割

現実の状況を鋭く把握し、筋の通っていると思われる方法で柔軟に対応します。 活動的かつ実践的で、困難な状況にあるときも冷静に問題解決しようと奮闘します。 周囲の人たちの能力を活かし、協力しながら全体の利益を確保できように努めます。

まずは、現場でスキルを磨き身につけるのが良いでしょう。 手先の器用さや、身体能力を活かし、解決の手段や対処法を学んでゆきます。 ときに、やっかいな状況に陥っても、試行錯誤を繰り返すことで乗り越えてゆきます。

建設業者
測量技師
機械工 整備工
大工
土木技師
工場生産管理担当者
放射線技師
職業訓練教師

観察力に優れます。 また、とにかく身体を動かして生産的な活動に携わることで 仕事のやりがいを感じることができるでしょう。

森林官 林務官
建設物監査人
農家
牧場作業員

身体感覚が鋭く発達しており、幼い頃から活動的です。 運動能力が優れていると自覚しているかもしれません。 そのようなことに関連した実践や研究に興味が持てるでしょう。

運動生理学者
アスリート・トレーナー
フィットネス・インストラクター
スポーツ選手
カイロプラクター 指圧師
接骨院
呼吸療法士

現実をありのままに把握しながらも、おしゃれ感覚を持ち合わせています。 また、自然にはたらく観察を通して、他者が何を必要としているのか見抜くことができ、 意識すれば礼儀正しく気遣いのポイントを押さえながら対応することができるでしょう。

写真家
テレビレポーター
景観設計士
ホテルマン ホテルマネージャー
レストラン経営 レストランのオーナー
シェフ
バーテンダー

積極的に人に働きかけ、相手にとって何が有益かを具体的に提示することができます。

不動産業者
セールスマン セールスマネージャー 世界最強の商人
株式仲買人
金融商品取引
保険勧誘員 保険代理店

物の構造やしくみを詳細に捉え理解しようとします。 自然界の様々なことに興味関心を抱くことができるでしょう。 積極的に野外に出て、調査し、珍しいものを発見することは楽しいことでしょう。

生物学者 生態学者 博物学者
地質学者

今現在に起こっていることに意識を集中させ、安全であることを心がけながらも、 危機に直面したときは、素早く適切に対処します。 冷静な判断に徹している時でも、仲間を思いやり、他者を守りたいという思いが根底にあるかもしれません。

国防軍人 自衛隊
危機管理
消防士
救急救命士
航空機パイロット
航空機管制官
旅客機の客室乗務員
船舶乗組員 船長

よく学べば、仕事に関わる物事の仕組みを理解し、 ロジカルな考え方や、計算能力を発達させることができるでしょう。 コスト感覚、危機管理については、自分にも他人にも厳しく仕事を進めることができます。

経理
コスト見積もり人 コスト管理者
財務アナリスト
ファイナンシャル・プランナー

その場その場で挑戦的に対応できることにやる気を出すことができます。 ルーチンワークに関わっていることで、新しい体験をする機会が失われているように思われるでしょう。 また、官僚主義や権威、ルールにきつく縛られないものが向いています。

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。