エレベーター 間違えて閉めて、気を利かせたつもりが逆に余計なことを。

エレベーターとかに載っていると、どうしても乗り合いになること不可避。

その中で赤の他人同士ならどうってことはないのですが、どうしても目上の人と乗り合わせてしまうことは社会人にはつきものです。

その中でも、不注意な私がやってしまうこととして、開閉ボタンを間違えて、お先にどうぞのつもりが、逆にトラップを仕掛けてしまったような、余計なことをやらかしてしまうというのがあります。

この間もやってしまいました。お得意先なので、やらかしてはいけない人に対してやってしまうから自分がデンジャラスな人物と思えてならないこの残念さ。

まず私が先にエレベータに乗り込むと、その直後に大事なお客様が見えたので、会釈して招き入れるような仕草をします。

その後、ご希望の階をヒアリングし、ボタンを押してあげ、・・・ここまではよかった、エクセレント、しかしその後である。

ピンぽーーん、と希望階層に到着するやいなや、フライング気味に私は開閉ボタンを押して待機し、手で出口を指し示しながら高級執事さながらの凛とした振る舞いで、どうぞ、と促したわけです。

すると、得意先さんも、「ふむご苦労」といわんばかりに誉れ高い感謝を示しながら、さあエレベータを後にしようとしたその瞬間、

ガコーーーん!!

と締まる扉、

げぇぇぇぇーーーーー!!

締まりゆく扉を手で押さえようと必死な私に、もはや時間は待ってくれず、大事なお客さんを挟み込むように無情に、頑なに、指示通りに動きやがる、その指示を出した私の指はしっかりと押しているではないか、

CLOSE

という名の非情な響きをもつそのボタンを。

それに気づいた瞬間、私の人生がCLOSEではないかと、無念な気持ちでいっぱいで、その方に平謝りをした次第でした。

なんという不注意さ。

ボタンを押してスマートにリードする自分に酔っていたのでしょうか、肝心な所でやってはいけないことをしでかす、これならまだ、ぶっきらぼうに、黙って先に出ていったほうがまだ気が利いているではないか。

これを踏まえて反省しました。

ダサいかもしれませんが、エレベーターの開閉は手で直接あの扉の内にあるベコッとへこむ部分を直接手で押さえるようにしよう、すごくアナログでカッコ悪いけど確実なやり方をしようと決めました。

いやこれはエレベーターに限らず、絶対にしくじってはいけない場面ではカッコつけず安パイでいくのが一番だとそう勉強した瞬間でした。

その日は一日、そのことで頭一杯で仕事が手につきませんでした。やはりやってはいけないミスはやらかさないような仕組みを作っていかねばなりません。

関連記事
【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はっぱ より:

    はじめまして。数年前にネットの診断でinfpと判明した者です。
    おかげで色々なことが腑におちて最近ではストレスを感じることも減りました。
    で、今またinfp記事を探し始めたのは、高校生の息子もinfpではないか、と思いはじめたからです。
    息子が時々話してくれる学校での過ごし方、そのときの心情がこちらのブログの内容とほぼ同じです。
    中学もしんどかったようですが、何人かの同じ趣味の友達に出会えたことで乗り切れたようです。
    今でも週末は中学時代の友達が家に来てくれて、その時だけは楽しいようです。
    中学がしんどかったのは卒業してから教えてくれました。

    高校生活は残りあと一年半、本人も辞めるとまではなってないようです。
    集団の中で自分がどのように振る舞えばいいか、などは分かっているけどできない、
    とのことなどで、一切アドバイス等はせず、本人から話してくれる時に聞いています。
    中学時代の友達がきてる時や、趣味に没頭してる時は笑い声も聞こえるので
    今の時点では見守るしかないかな、というところです。

    infpは男性のほうが女性よりも更に生きずらい、とありましたので、今後もこちらのブログを読ませて頂きたく思います。

    • 管理人 より:

      infpはいきづらいでしょうね、私も、中学生ぐらいからずっと感じており、40歳近くなる現在でも苦しい限りです。
      でも周囲を見渡せば、性格に限らずみんな苦しそうでそれをいかにごまかして生きていくかの差、と捉えています。
      この地球でどれだけの人が幸福なのか分かりませんが、ツラい人生、少しでもそこから目を背けて生きられるスキルを身に着けたいですね。