ドネシア! ゼンチン!

M1グランプリ、ジャルジャルが放った国分ゲーム。

ドネシアゼンチン

に脳をやられてしまいました。

元々ジャルジャル好きでしたが今回はさらにあのリズム芸といいますか、
テンポのよい掛け合いに魅せられました。

これは流行語になるのではないでしょうか、ドネシア!

ドネシア

これは、インドネシアのことです。

この国分ゲームは複数で行い、国名の残りをいうゲームのようです。
つまり、インドネシアだったら、インド、のあとにネシア!

番組ではひたすら繰り返しで、

ちゅう、ごく
にっ、ぽん
アメリ、カ

というように掛け合いがあるなか高頻度で、

イン、ドネシア

と繰り返されており、これが耳に残って中毒になります。

見終わった後も頭の中で、ドネシア、ドネシアと響くような中毒性で脳を支配されます。

また、同様に、
アルゼンチンもそうです。

ゼンチン

これは、アルゼンチンの国名であり、アル!に続くゼンチン!です。

ドネシアと同様に、ゼンチン!ゼンチン!とテンポよく響いていたので同じように脳が中毒をおこします。

国分ゲーム

ジャルジャルが提唱されていた国分ゲーム。
番組では二人一組でやっていました。

イン! ドネシア!

しかし、ここはイン、ド!でもいいそうです。

ただ、ルールがあって、掛ける方が、イン・イン!ときたら、同じようにドネシア!ドネシアみたいに返す必要があり、
またもっとレベルを上げるために、

イン、アル、イン、イン、アルゼン、アルゼン

というように掛けられた場合は、

ドネシア、ゼンチン、ドネシア、ドネシア、チン、チン

というように返す必要があるようです。

チン、チン、と続くことで別に下ネタなわけでもないのですがちょっとした照れもあり、言いよどむのです。

もっとレベルアップすると拍子も合わさないといけません。

イン、イン、イーン、といくれば

ドネシア、ドネシア、ドネーシア!みたいな感じでしょうか。

3名でやる場合はネシ、アとかアレンジもできるでしょう。

ちなみに、掛ける方が言い切ってしまった場合は黙ることでクリアになるようです。

インドネシア、ときたら続きがないので、無視、です。

というような話で、
ちょっとした暇つぶしに使えるのか、使えないのかですが試しにどうぞ。

関連記事
【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. istp より:

    こんにちは 
    infpの管理人さんはadhdに効くサプリとかお飲みになられてます?
    僕は昔adhd持ちのisfpだったんですが、adhd用の薬とサプリを飲む前は仕事が全くできず怒ることができない上反応が鈍いいわば仕事ができない人間でした、しかし病院でadhdと診断されて薬(コンサータ)を処方してもらい、adhdに効くと言われるサプリと一緒に服用するとmbtiではistpと診断され昔の仕事ができない頃とは打って変わって認知のスピード向上や他人を怒ることもできるようになりました。

    仕事の質や地位も目まぐるしく変わりもっと早く気づきたかっと思いつつも、解決できてよかったなと思ってます。

    もし病院に行くのが億劫ならサプリだけためして見ても損はないと思います。

    infpの管理人さんもintpになったら絶対に仕事で成功を収められますよ。

    mbtiで興味深い投稿を拝見させていただいたので感謝の印のつもりの余計なお節介でした。