貧乏は遺伝する

Pocket

お金に苦労しています。思えば中流以下の、貧乏な家庭に育って、お金に縁が無いような生活を送ってきましたから、さして違和感はないのですが、やはり借金があるというのはとても心理的な負担が大きいものです。
よく、月初になると知らない番号から電話がかかってきて、おそるおそる電話に電話に出ると、クレジットカード各社からの催促。
一通り話を聞いたあと、一旦電話を切りギョッとして妻に確認すると、、
返済できていない旨を聞かされるのです。

もともとクレジットカードを持つことに反対で、何かを掛で買うことが嫌な私ですから、本来こうしたものを持つこと自体に抵抗が在ったのですが、妻が「便利だから」という理由で何枚ものカードを契約したところからそれが雪だるま式に増えていったのです。
気が小さい私ですから、家計も入念にチェックして計算するタイプで、足りないと思えば出費を控えるという計画的行動をとるたちだったのですが、結婚して家計を妻に預けるとこの様です。
妻からすると、男がそうやってちまちまと計算するのが、なんだか器が小さくて嫌悪感や情けなさを覚えるようで、私の細かな計算(もっとも私自身は細かいとは思っていない)が鼻につくようです。

貧乏は遺伝する、といいます。

もともと私の生れた家庭も中流以下でしたから、私にもそれが遺伝しているのでしょう。

私自身はそうなるまいと、成功するために(稼げるように)色々と将来を考え手を打って努力してきたつもりですが、まず私自身が稼げるようになれなかったこと、そして家計管理の観念が緩い妻を選ぶセンス、こうした事実を鑑みるとやっぱり私は、そういう貧乏の遺伝を持っていると思わざるを得ません。

ただ、そうして現状に甘んじていても事態は変わりませんから、やはり課題を洗い出して、何が障害になっているのか今一度整理して、改革をしていかねばなりません。
貧困を遺伝だと諦めていては何も解決しないわけですから、次世代への遺伝つまり私の子どもたちには残さないように、遺伝レベルでは変えられなくても後天的に解決できるスキルをやしなわねばなりません。

Pocket


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

“貧乏は遺伝する” への3件の返信

  1. あなたって視点を変えることができるということを思い出そうとしないですよね。貧乏であることは確かに事実なんだろうけど、人間には主観的な目線があるわけで。貧乏だからお金が足りなくて幸せじゃない、大変だ、うんたらかんたら…っていうほうに目を向けるんじゃなくて、たとえ貧乏だとしても、中流以下の家庭だとしても、毎日大切な人と一緒にいれて幸せだなとか、あ、今日の空もきれいだなとか、好きなおかずが食べれて嬉しいなとか、そういうことに目を向ければいいのに。何が自分にとっての幸せの定義なのかを理解していることが最重要であって、あとは中流以下の家計の中でも上手くやりくりをして生活すれば、幸せの実感を得れると思うんだけど。
    この投稿に限らずですが、あなたはそうやって不満や、自分はかわいそうだ、みたいな被害者意識ばかりをここに書いて、自分はなんの力も持っていない弱い人間だから…自分は幸せになりたいのにと言っておきながら、本当は自分の人生の責任を負うのがこわいだけでしょう。
    誰にでも愚痴りたくなったりすることがあるのは確かですが、あなたの人生にはそういうことに溢れすぎていると思いませんか。それは、あなたがそういうことに目を向けるのが好きだからだと、私は思います。
    ここで私が言ってる責任っていうのは、表面的なことじゃないですよ。結婚して家族を持ったからには養う責任があるとか、そういうのじゃなくて。今一度改め直す気はないのですか。
    それとも、たとえしんどくても、現状維持のほうがやはりラクなのでしょうか。

    失礼致しました。もちろん無視していただいても結構です。

    • くらもさん

      そうですね。確かに私には足りないものに光りを充てて無いこと嘆く性質があるようです。
      どこか不幸であることを確認することで精神のバランスを保ってるようなところがあって、何か自身に対する罰を喜ぶような、いや喜ぶとは言わないまでもそうすることでカタルシスを得るような性癖があるのかもしれません。
      ひょっとすると、過去に償いきれず浄化できなかった罪悪感が膿となって、自分を痛めつけているのかもしれません。
      ただ、

      大丈夫です。本人はその後の人生で、、
      いや、またの機会に。

  2. くらもさんくらもさん
    これよんでみてください
    https://infp.info/mbti%e3%81%a7%e3%81%bf%e3%82%8b%e7%9b%b8%e6%80%a7/

    落ち込み方も人それぞれ。長所も人それぞれ。
    立ち直り方も人それぞれ。急所も人それぞれ。
    適切な接し方も人の数だけあります。
    そして、みんな尊い。

    そこに貴賤の差はあらへんで。

    ほんま、おたくがなんぼのもんか知らんけど。

     時に、言葉は…
      人殺するんやで。

    よう覚えとき。
    相手を見て振舞い。

    朝から不愉快な物が見えました。
    油断しました。犬のうんこ踏んだ気分です。
    著しく不快。

    これであいこ。

     あなたの様な性格の方同士のコミュニケーションならそれで普通なのかも知れませんが。
    管理人さんとの一連の文章を読んでると、「相手の為」って口実をこじつけて相手の素行に抱いた嫌悪を辛辣にぶつけている様に感じました。

    相手が傷を負ってる時に、傷口を土足で踏み躙る様な。
    けっこう鬼畜に思えませんか。

    独りよがりの正義感…
    思った事、持論、経験則、助言を届けるのは結構。
    しかしそこにかこつけてあなたが取った振る舞いはなかなかに残酷に見えます。

     恐らく、管理人さんはこうして心中を公に出して、
    晴れない気持ちを和らげたり、帰って来る言葉からヒントを得たりしているのではないでしょうか。
    そうしている内にじっくり、じっくり考えを探究して、気持ちに整理を付けたり、新しく得た視点を取り入れて改善に役立てたりして、
    立ち直って行くのではないかと思います。

    恐らく繊細な心根の持ち主だと思います。
    色々な問題に気付いては、見過ごせず見殺しにできず、情を以て心を砕いて向き合う性分ではないでしょうか。
    悩み事がいくつもオーバラップしながら、同時進行で処理している状態であれば、外見上はいつも落ち込んだ顔で悲観ばかり口にしている様に見える事もあるかも知れません。

    しかし、解決への姿勢も人それぞれ。

    そこへみだりに水を差してはいけません。

    指摘は正しいかも知れませんが、
    言い方が無神経過ぎますよ。そして惨い。
    剥き出しの侮辱心さえ感じます。
    自分の性質はあれど、相手を見てやり方を選ぶ事も必要です。

    あなたのやり方が果たして適切か。
    あなたの動機に邪悪な点は無かったか。
    もしそう思うなら『もちろん無視していただいても結構です。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。