30代後半、今欲しいもの

30代後半の私です。
今欲しいものについて整理してみました。

●パソコン
●腕時計
●スーツ
●ネクタイ
●ビジネスバッグ
●何も思い悩むことのない日々

こんなものです。全部仕事関係、なんとも面白みのない回答ではありますが残念ながらしぼり出してこれです。
よく送別会とかで贈り物を何にしようか迷ったりすると思いますが、もし私が貰える立場にあるなら、今ならこういったものです。
金額的、嗜好的にいうと結局、ネクタイあたりに落ち着くでしょうか。パソコン、時計、カバン、スーツは高くてどうしようもないですし、かりにそこをクリアできても自身へのマッチ性がなく不安があります。

まあそれはいいとして、いま欲しいものは上述の通りです。

パソコン

仕事で使います。会社は仕事を家に持ち帰るなといいますが、どうしても持ち帰らざるを得ない案件はあり、残業後であったり休日であったりも仕事をしたいので、それをさばくためのツール、パソコンがほしいです。もちろん今もパソコンはあるのですがもっと処理速度をあげてより生産性を高めるためにこれが必要です。
ノートパソコン、出張にも使えて家でも安定のほどよいやつがほしい。

腕時計

腕時計です、手首にまく時計です。スマホが普及している現在、腕時計なんて過去の遺物と思えそうですが、やはり社会人になると時間管理もシビアですし、また逆の立場でいえば、腕時計もしていないビジネスマンがろくにスケジュール管理できていない、つまり仕事ができないとなめられかねないので、やはり重要アイテムです。またせっかく腕時計をするならそれなりにオシャレしないとこれはこれでなめられるので、ある程度のブランドは必要です。どこのメーカーやら判別がつかないものはつけているだけでなめられるので気を配らねばなりません。そのためには最低予算2万円くらいは必要です。

スーツ

いくつあってもほしいアイテムです。これはビジネスマンにとっての鎧ですから当たり前といえば当たり前ですが、なんといっても高い、、スーツは高い。。ある程度稼げるようになってもスーツへの出費は身構えてしまいます。
しかし必須アイテムであるがゆえに妥協もできず。。
いずれにしてもほしい、ほしいです。
なぜなら、デスクワーク中心の私にとって代十三かを防ぎきれず、年々合わなくなくなるスーツは買い換える他ないからです。
スラックスのファスナーとボタンをきちんと閉められて、ポケットに財布などのモノを入れてもパンパンにならないジャストサイズのスーツ上下が今ほしいです。

ネクタイ

ネクタイは意外となめてはいけません。意外と目がいくアイテムです。あんな胸元に無駄に垂れ下がっているアクセサリになんの意味があるのかと疑問でなりませんが、まだ現代文明では必須アイテムです。昔の貴族が合成な盛り髪カツラをかぶっていたように、まだ現代社会ではネクタイは一般的であることの社会的地位を証明するのに大事なアイテムです。就職活動などでこれを忘れたらまず不採用なくらいですから、マストアイテムです。
で、これも日々サラリーマンとして勤める人には侮れなくて、バリエーションをもっていないとなめられます。昨日と同じネクタイをしている、ヘビーローテーションであるというのはすぐに他人にわかりますので、すくなくとも週5日は毎日変えられるだけのバリエーションが必要となります。なので、ネクタイ、ほしい、センスが問われるツールなので、チョイスに神経つかうけど、バリエーションほしい。

ビジネスバッグ

かばんも大事です。ナイロン素材のリクルートかばんでは、垢抜けずなめられます。こなれた感じを出すにはある程度高いものを買わないといけません。
私の今のカバンはリクルート感まるだしでかつ、部分部分こわれており、みすぼらしいです。青山で買ったのに、、ちくしょう、だからカバン、新調したい。

というように、
いっぱいほしいものはありますがすべて仕事関係です。仕事が充実してこそ生活が充実するとなんていうことをいうつもりはありませんが、やっぱりすくなくとも仕事がうまくいっていないと、休暇もそのことで頭がいっぱいで休むことに集中できないです。
なので、仕事ではいパフォーマンスを出すために、まず私はそういうものがほしいのだと思います。

衣食足りて礼節を知る、ではないですけどやはり基盤がまずできていないと次のステージへいけないといいますか。

最後の「何も思い悩むことがない」というのは、要は週休2日として、休みの日ぐらいは何も思いやまずリラックスしたいという意味です。

これは、、難しそうです。簡単には手に入るまい。家を買うより難しいことだと思っており、実際には宝くじが当たってほしいという願いと同義だと思っています。

関連記事
【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする