頼まれると断れない、断って相手に嫌われるよりは自分を犠牲にした方が楽

Pocket

基本的に私は断れないたちです。

とはいっても、もちろん自分には絶対無理だと思うことは引き受けないのですが、

自分が我慢してやれば何とかできるような用件、面倒だな嫌だなと思いながらも自分の能力内で収まるようなことは、残念ながら頼まれると、頭の中で嫌だな~と思いながらも、その思いとは裏腹に、口をついて勝手に「はい分かりました」と引き受けてしまうのです。

安請け合いしている、といえばそうなのかもしれませんが、ちょっとそれとは違うと感じています。軽々しく頼まれごとを受けているのではなくて、全力で受けとめています。だこらこそ断れなかったその瞬間から、錆びて重い鎖にがんじかまらめにされたような気の重さを感じて、時には目眩を起こしそうなほどの戦慄すら覚えるのです。

「無理です」と言えればどれだけ楽なんだろう。いや、仮にそれが言えたとしても今度は断って相手に負担をかけた申し訳無さで良心が傷みます。

結局のところ、頼まれたその時点から不幸は始まっているのです。

おおもとを辿れば、これもすべて私の責任です。へつらい、嫌われることを蛇や蛙のごとく怖れ、それを引き受けたからといって大して距離が縮まることもなければ対価に見あった畏敬を受けるわけでもないのに、しみついた迎合癖が私を翻弄するのです。

ただ、これによって得た力もまたあります。やはり断らずに何でもやってきた分、いろんな経験をして私は多少なりとも器用な部類に入ると思います。

 

【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。