若い頃は割と活発だった時期がある

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

今、35歳も超えて落ち着いてきた私ですが、実は若い頃は割と、その、なんというのでしょう、朗らかな時代がありました。

学生時代(小中)は、何かの発表会に抜擢されたり(意見発表や演劇など)、学級委員長なんかにも選ばれやすいタイプだったように思います。やはり真面目だったのと、あと、このブログでドス黒い毒を吐いているような人物と同じであるとは到底思えないような、エネルギーに満ちた時代みたいなものもあったように思うのです。(もっとも自分では10代後半~20代前半はハジけたオーラを外面に出しているつもりでいながらも、私を取り巻く周囲の方の多くは”若いのに落ち着いてるよね”と私に言いました)

そういえば、今の嫁はそのイケイケ時代(飽くまで私の中でノッていた時期です)に口説いた女性です。口説いた、というとカッコいいですが、イジイジとしながら好意を寄せて一生懸命愛を、不器用ながらに遠巻きに伝えてきただけなんですけどね。

そういう意味では今の私はまるで、過去の私とは別人であり、どうしてこんなに暗い人間になってしまったのかと悲嘆にくれるしかないのです。 表向きは明るく朗らかに振る舞いながら内面では、その明るい人間を演じるための動力として奴隷たちが血と汗を流しながら、無慈悲な監督官にトゲ付きのムチで叩かれるような悲劇が繰り広げられているのです。

ただ一つ言えることは、今振り返ってみると若いうちから、自分は本当は暗い人間なんだということは気が付いていました。ただ、どうしても、それを認めたくなくて、それを反動として、却って明るい人間を演じては、新しく出会う人に自分はそういう活発なキャラクターなんだと植え付けようとしては、その自らの課した高いハードルに辟易として、明日の重圧を自らに課してしまっているようでした。

 

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

“若い頃は割と活発だった時期がある” への2件の返信

  1. 今の自分がそっくりそのまま書かれているようです。普段心は暗く、たまに今までの暗さが嘘のように社交性を持った人になるのですが、調子はすぐ衰え、いつもの暗さに戻ります。そんな毎日を変えようと、市民団体に入ったり、イベントに参加したり、明るく振舞ったりしてるのが今現在の状況です。とても疲れますが、いろんな人に出会えていささか楽しくもあります。いずれエネルギーもなくなり、ただの暗い人になるかもしれませんが、とりあえず今は持てるエネルギーを不器用ながらも発揮していこうと思います。この記事に出会えて今の自分に少し自信を得た気がします。感謝に尽きます。

  2. kazさん
    感謝していただけて嬉しいです。
    INFPは必ずしも暗いわけではなくて、理想が高いゆえに挫折感も大きく、結果として塞いでしまう(=暗い気持ちになる)、というのが私の見解です。

    もしも思い通りに事が進む、いや80点くらいでもいいのかもしれません、それができれば私のように暗くなることはないと思っています。 どちらかというと私はINFPの発達過程で失敗してしまったパターンだと考えています。
    kazさんはまだ若いですから、本当の自分の声によく耳を傾けてみてください、おそらくその声は思ったより近い所から聞こえてくると思います。それに素直になりさえすれば、踏み外すことはなく、結果として暗くなることもないと、私が過去の自分に言い聞かすようにお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。