自分にはもっと向いた、才能を発揮できる場所があるじゃないかと捜し求める

Pocket

若い頃からそうでした。最初の就職で失敗して以降私は「自分にはもっと向いた天職があるはず」と、色んな職業に興味を持ち、自分な才能を存分にいかせるような場所を探し求めていました。

しかも理想が高く、若い頃はとにかく背伸びして自分にはもっと高度な仕事が、みたいな思い込みもあり、無理なチャレンジ(司法試験目指すなど)やったものです。が、当然ながら試験にも受からなければ、周囲よりも社会性の低い自分がそんなの無理だったと絶望に陥ったこともありました。

ただ、ある程度落ち着いた今でも、コンプレックスと自分の秘めたる可能性への挑戦欲またはそれに伴う自信みたいなものがかすかにあり、いつも心の中で葛藤しているようなところがあります。

 

【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。