思慮深くて口数が少ない

Pocket

口数が少ない私ですが、これは思慮深いためだとずっと思ってきていました。20代の頃までは。。

周囲がべらべらと下らないおしゃべりをしているのはただ何も考えずに今を享楽的に生きているだけじゃないのかとさえ思っていた時期があります。

実際、いろいろと考え事や悩み事がおおく、常に脳のメモリがいっぱいなのは否定できず、これが原因で口数が少なくなっているのはありますが、例えばこのメモリを解放する、つまりあまり考え事をせずにいると多弁になるかというとそうでもないのですね。やはりいっぱいいっぱいになり、喋れないのです。

となると、この思慮深さだと思ってきたものはまやかしであり、ただ喋らないようにするための隠れ蓑であったのでしょう。喋れない気まずさから意識をそらすために考え事をする、その考え事に使う脳のメモリを相手との話題探しに使えばいいのですが、それができないのです。

こうやってだんだんと30代になるにつれて悟ったのです。思慮深いんじゃなくてただ遠慮深いだけなんだと。

 

 

【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。