哲学よりもエクセルやワードを使えた方が役に立つ

Pocket

色々と人生について思い悩み、自分を支えるのは哲学であったり宗教であったりといった目には見えない思想こそが大事であると思っていました。
しかし最近になって思うことはそんなものよりも、ずっと大事なことがあると思うようになりました。

パソコンの表計算ソフトのエクセルでパパッとグラフを作ったり、ワードであか抜けた文書を作成したり、パワーポイントで見やすい資料を作成する技術だとか、そういったことのほうが人生にはずっと役に立つし、またそれができることで仕事も、ひいては人生も捗り、幸福になれる、そう考えるようになったのです。

精神世界へ旅立って自らの内向的世界に旅しても、この世界では苦悩しかありません。
やはり意識を外に向け、いかに生活や仕事に役に立つ知恵を身に着けるかの方が肝要であると思うようになりました。

だから、私は変に小難しい本などを読むのもやめ(そんな読書体験談に耳を傾けてくれる人は少数派で、むしろ下劣な漫画を読んでいる方が話題になって会話が盛り上がる)、もっと現実的に生きようと思うようになったのです。

本も読まなくなったので、なんか文章も下手になってきました。
でも、日常生活になんの支障もありません。

もっと実践的な知恵を、身に着けていかないといけない、私はそんな簡単なことに気が付くのにずいぶんと遠回りをしてきました。

Pocket


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。