事務処理が苦手、遅い、間違える

Pocket

事務仕事が一番性に合ってるんでじゃないかと思っていたのですが全く駄目です。
テンキー打つのが苦手で未だにぎこちないし、何より、ケアレスミスが多い。

先日、お互い初めての同じ事務作業をヨーイドンで始めたのですが、私はその人の4倍の時間がかかりました。しかも間違う確率は私の方が高いという。脳の性能が悪い、と落ち込まずにはいられません。ここまでどんくさいと物事を手伝ってあげても感謝されないんですね、ナメられすぎて。

そう言えば転職するときも履歴書を何度も書き間違えて仕上げるのに三日間かかったことがあります。30枚くらいの書き直し、、書き間違えや記入ミスに気がついての訂正など、とにかく事務処理が苦手なんです。
まあ、苦手じゃないもの自体がないんですけど。

Pocket

【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

【スポンサード リンク】

“事務処理が苦手、遅い、間違える” への5件の返信

  1. 内向的感情の反対側は外向的思考である。
    だから仕事で支障が出るのはしょうがないと思う。
    現実だとか他人の考えを理解するのは大変だろうと思った。
    でもあなたには家族がいるでしょう?
    その家族の大黒柱にならなければいけませんよね。
    だから自分の失敗や要領の悪さはすべて決まっているのです。
    ならば人一倍努力して一人前になろうとすることが必要です。
    努力において無駄というのはありません。
    これは同僚ではなくあなた自身との戦いなのです。

  2. 突然すみません。それはADHDではないでしょうか?
    ADHDの人は、なぜかINFPとINTPが多いそうです。挫折や浮いた経験が多いからか、言語IQ優位の人が多いからか。

    かく言う私も、ADHD(診断済、投薬治療中)でINFPです。

    このブログのように自分を知りたいという強い追及の気持ちこそ、ADHDのあらわれのようにも見えます。

    少しでも感じるところがありましたら、ぜひ検査を受けてみてくださいね。
    もし違ったとしても、INFPさんにとって興味深いと感じられる経験になるはずです。

  3. 申し訳ありません、ADHDでサイト内検索しましたら、傾向があると自覚していらっしゃったんですね。
    偉そうに大変失礼いたしました。

    通院していない、服薬していないのは何か事情がおありなのでしょうか…
    疲れやすい、休日寝てばかりというのも典型的なADHDあるあるです。
    余計なお世話で恐縮ですが、病院に行ってほしいという気持ちでいっぱいです。

    病院に行っても、確定診断を受け薬や認知行動療法をはじめるには早くて2、3ヶ月かかりますし、
    自分に合う処方や医師が定まるには半年、1年などかかる可能性もあります。
    早めに行って悪いことはないです。

    今は多忙と過労で状況が悪くなっているのだなとも拝察致します。
    極力0時前に寝ることですが、難しいですよね…
    湯船やストレッチ、メラトニン摂取、1日20分歩く(土日だけでも)、腸内環境改善のサプリをとる、深呼吸など、
    いわゆる健康にいい生活習慣というものをぜひ試してください。
    (それが続かないのがADHD傾向だ、というのは承知の上ですが)
    それだけでも少し和らぐ可能性があります。
    また、無意識に歯を食いしばっていませんか?顔のこり、こめかみあたり〜側頭部、頭を揉みほぐすと気持ちいいですよ。

    私は先ほど初めてこのサイトにたどり着き、INFPの説明記事を読み、救われた気持ちになりました。
    田中さんにとても感謝しています。
    それゆえ長々とコメントしてしまいました。
    INFPらしい?押しつけがましさ、申し訳ありません…。

    どうか、「外向的思考力」を以って今を良くするための手だてを「実行」してくださいね。

  4. 軽度のADHDの傾向にあると精神科で診断され。性格診断でINFPと結果が出た者です。
    田中さんのブログはまだこの記事しか読ませていただいていないので、田中さんがどのような状態でいらっしゃるのか把握していない状態で書き込ませていただきます。
    差し出がましいこととは思いますが。一度精神科を受診されることをおすすめします。自分が持っている傾向を知ることで立ち向かうべき課題を見つけやすくすることができますし、薬の処方によって状態が好転することもあります。

    個人的な感想ではありますが、人に話すこともとても大きな意味があるように感じました。知識を持った上でこちらを否定せずに聞いてくれることがとても重要で、精神科の先生や臨床心理士の先生が望ましいと思います。(医者にも当たりはずれがあるので事前のリサーチは必要ですが・・・)
    話を聞いてもらうことで気が楽になることもあります。この気が楽になるということはとても重要なことだと思います。何かを考えなければならない、しなければならない時に、落ち込んだ気持ちなどのマイナスの感情が霧のように頭の中を覆ってしまうと自分自身がうまく機能しないことがあります。マイナスの感情を少しでも減らすことで頭の中が邪魔されることを防ぎ、自分が取り掛からなければならないことに意識を集中させやすくなります。このときやっと自己の改善のスタートラインに立てたのだと感じました。

    更に差し出がましいようですが、ハローワークに行くことをおすすめします。
    私の場合は軽度のADHDだったため障害者雇用の窓口には行かず、一般雇用窓口で社会福祉士の資格を持った方に相談しました。障害を持っていなければ相談できないということはないはずので、もしよかったらハローワークを利用する際は受付の方に聞いてみてください。
    社会福祉士の資格を持った相談員さんと、これまでの仕事の事や、今までの色々なことなどを話しながら今後の就職活動の事を考えたり。相談員さんに様々な機関や人を任意で紹介してもらい、あらゆる方法で就職について活動することができます。
    個人的に紹介してもらって利用したのは
    ・ハローワーク内の臨床心理士の資格を持った相談員さんとのカウンセリング
    ・自分の仕事への興味を知るための、ハローワークのパソコンを使った「キャリアインサイト」というテスト
    ・仕事への向き不向きを知るため、障害者職業センターでの様々な作業を通した適性検査+センターの方とのカウンセリング
    の3つです。
    私自身まだ就職活動中の身ですが、これらを利用することでとても仕事を絞り込みやすくなりました。最終的には実際にやってみないとわからないことではありますが、全く向いていない仕事に就くということは防げると思います。

    長々と乱文で失礼しました。
    もしお役にたてたら幸いです。

    • おかひじきさん
      アドバイスありがとうございます。
      参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。