三日酔い。30時間連続で寝た

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

いわゆる二日酔いに加えてもう一日具合が悪い三日酔いというやつになっています。

ついつい、解放感や迫りくるプレッシャーなどの交錯する思いに見舞われて、会社のメンバーと飲んだくれて記憶をなくし、目が覚めたら真っ暗な自宅の玄関、目の前にはどこで買ったのかも覚えていないペットボトルの水が漫然と転んでいました。

翌日中は起き上がることもできず、日中襲い掛かる気だるさと頭痛・吐き気に加えて、家族からのひどい罵声を浴び、ひたすらにお父さんたる私の一切のタスクをボイコットし床に転がり続けました。そう、どこで買ったのかも覚えていないペットボトルは私自身の暗喩でもあったのです。

一日中転がり続け、シャワーを浴びて服を着替えた以外は何もせず、嫁や子どもの雑音に揺り起こされて断続的な睡眠を繰り返すこと、、、実に、30時間。 

30時間経って、3日目を迎えてまだ酒が抜けきらないダルさを残し、これは三日酔いだと認定しました。

それよりもまず、ここまで飲みすぎてしまうのは体のセキュリティセンサーがイカれてしまっている証拠でしょう。強要されるまでもなくひたすらに自ら破壊を招く行動はネジが飛んでいるとしか思えません。

最近、テレビでナスDたる、某番組ディレクターの奇行(発展途上国や未開の地で現地人でも忌避するチャレンジを繰り返す。自身の生命をも顧みないほどの試行錯誤に励む)が世間の脚光を集め人気だそうですが、まさに彼のように、どこか私もネジが飛んでしまったのかもしれません。

でも、
きっと何か大きな不安を抱えているんだと思います。来たるべき何かの一大ショックに備えて何かDNAが予め準備を始めているのかもしれません。

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

“三日酔い。30時間連続で寝た” への3件の返信

  1. 相当ノルマを強いられる環境だったのでしょうね。
    もしくは会社の空気が最悪で地獄のような日々を送っていたか。
    感情を整理してみるといいと思います。あなたは何を望んでいるのか。
    そこをまずは理解してから何かしらの行動に出るといいと思います。
    他人は自分の気持ちなんか全然理解してくれないですからね。
    社会となると本当に最悪で、私は世間なんか絶対に信用しません。

    昔は貧しかったからまだ優しさなどが身に染みた時代でしたけど、
    今の世の中は本当に冷たくなったものです。救いようにないくらいに。
    特に日本なんかじゃ権威主義的な社会でまさに封建制度が残る国です。
    NFでしかも内向となると一般人の感覚では強制収容所と言えるでしょう。
    心無い日本社会の構造自体がこの環境を最悪にしているだけなのです。
    あなたはそれに疲れ果て、力尽きただけです。ゆっくりと充電して自分を認めてあげてください。

    色々と大変ですが、焦って自殺なんて状況になるよりはマシですから。
    そうしたらあなたのご家族はさらに不幸な状況に追いつめられることでしょう。
    そうなったらあなたのお子さんの心に大きな闇を生むだけですから。
    自分を救えるのは自分だけです。もっと自分を抱きしめてあげてください。
    そうすればきっと光が差してきて、自然と道が見えてくるでしょう。
    自分の道に迷ったらまずは自分を愛さなければなりません。
    世間体を基準にすれば絶対に人生の道を誤ります。
    居場所がないなら、まずはあなたが自分を助けることです。
    空を眺めて色々と感じるだけ。これだけでも趣味といえます。
    風を感じるだけでも息苦しい環境から逃れられますよ。
    あなたが弱いのではなく、少し疲れただけなので許してあげてください。

    完璧主義な上に優しいとなると相当なほど苦労されていますね。
    金や世間体は何も幸せにしてくれません。あなたが何をしたいのか。
    その点を深く考えて行動すればきっと幸せを見つけられると思います。

  2. お二方がおっしゃっているように、わたしも田中さんはだいぶ、肉体的にも精神的にもお疲れのように思います。
    問題は複合的に絡んでいると思いますが、家族から「罵声を浴びせられる」というのには、お互いの関係性はどんなものなのかなと心配になります。たとえ比喩だとしても。
    もう少しポジティブな方向に物事を考えられるといいですね。
    それを選択するのはあなた次第ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。