ストレスのある状況において、他責の人は躁になり、自責の人は鬱になる

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

この世の中はストレスだらけ、誰しも病んでるような気がしています。
学生時代はあんなに屈託のない笑顔をしていた友達も社会に出ればどこか奥の方に何か秘めているような目つきをするようになってきます。

でも、人と人とが集まるということはよくも悪くもそこに歪みが生まれるものなのでしょう。
あるコミュニティの調和を図るためには同じような人間ばかりが集まるわけにもいかず、やはり仕切り役をやりたい人、指示されて動きたい人というバランスがとれてこそ集団は上手く回るものだと思います。しかし、そう上手くは回りません。

やはり、その総和は一定の不和を生み、それに馴染めない人たちが発生するものだと思います。
とくに文明が発展すればするほどにシステムは複雑になり、それについていけない人は必然と増えてくると思いますので尚更に。

そうなると適応障害反応が出てきて、中庸から外れた人は、外界に対する拒絶反応を示すようになるでしょう。

誰しもが鬱になるわけではありません。

やはり見ていて思うのは、他責傾向(人のせいにするタイプ)にある人は、だんだんと攻撃的になってより生意気になり、
自責傾向(人格者というか一般的に人間が出来ていると評価される人、いい人タイプ)にある人は消極的になって鬱っぽくなるということです。

だから、
世の中に迷惑をかけない人間でいるためには中庸、つまりバランスのとれた人間でありたいということです。
攻撃的な人間は回りを攪乱しますし、鬱っぽくなると心配を掛けてしまいます。

いずれにしても、ストレスを受け流せる感性に鍛え上げなくてはなりません。
普通であることに抵抗のある私ですが、つくづく世の中を全うに生きるためにはいかに普通であるかが大事だと悟った次第です。
普通の人がちょっとした努力を積み重ねていく、これが周囲も自分も幸せに生きるコツなんではないかと思うようになりました。

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

“ストレスのある状況において、他責の人は躁になり、自責の人は鬱になる” への3件の返信

  1. 楽しく生きられるコツを見つければきっと今以上に楽しめますよ。
    だから人生は案外前向きに考えて生きていくしかないのでしょう。
    くよくよしても、楽しんでも、同じ運命しか待っていないのです。
    日常的に明るく考えておく癖をつければきっとよくなりますよ。
    私はあなたなら可能だと思います。自分を信じてください。

    • 匿名さん
      ありがとうございます。私も、若い頃よりずっと明るく強くなってきた実感があります。それでも普通の人に比べたらまだまだモヤシレベルですが、前に前に進んでいこうと思います。

  2. 全く同じ状況だとはもちろん思いますが、わたしは筆者さんと同じような状態だったと思います、以前。
    自分で何とかしようとしていました、わたしの場合はそれでは限界があることを理解しました。
    今ではあの場所から逃げました。
    おかげで物事の本質が見え、自分にとって一番大事なものを見つけ、日々なんとなく楽しく過ごすことができています。
    なんとなく毎日を楽しく過ごすことが人生のゴールだという言葉を最近聞きました。
    わたしは今満たされています。
    田中さんに自分を卑下してほしくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。