「人は見た目が9割」内定術

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

読書感想です。今回は「見た目が9割」内定術という本を読みました。

最近転職活動をしていて、書類選考は通るのに面接で落ちることも多かったのですが、どうやら突き詰めていくと私のマナーがなっていないのが原因(キャリアカウンセラーの方からフィードバック)のようでしたので今回、こういった本を手に取った次第です。

それにしても自分としては謙虚で控え目な性格だし、マナーにはうるさいほうだという自負があったのですが、それだけに実はそれは単なる思い込みというか我流にすぎなかったわけで、やはりマナーは〝人に認められてこそ” というのを改めて感じた次第です。自分の勝手な解釈でこれはこうと何となく決めつけていた部分が自身にあったな、と恥ずかしながら反省しています。もういいオジサンなのに。。

実はこの件(マナーがなっていないこと)に関してはINFPの解説で指摘されていました(笑)

▼▼

マナーを無視し、人に不快感を与えることがあります。

▲▲

これか。。

意図的に無視しているつもりはありません。

でも確かに「まぁざっくりでいいや」と思うことがあります。そのために私は知らず知らずのうちに人の反感を買っていて結果としてこうして目に見える形として現れてきたのかもしれません。

 

そういう手前、これは放置はしておけないと思い、今回は本を手に取ったわけです。

ズバリ的中しました。

本書はリアルな体験談が描かれ、デキるのにダメな烙印を押される理由を、外見に集約していますが、まさに外見(身だしなみや顔つき、姿勢など)はその人の運命をも左右する重要なケアポイントであり、いかにこれを正すかが人生をよりよく生きていくかの分かれ目になるのだと感ぜずにはいられませんでした。

見た目もマナー、もしそういうケアに自信がない方にはおすすめです。

 

Pocket
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]


【インフォメーション】

■INFP型について詳しく知りたい方は、まずこの→INFP型の記事が役に立つと思います。※注:とても長いです。

■INFPな方のためのクローズドなコミュニティを設けました。もしよろしかったらご利用ください。⇒INFP型専用SNS


【スポンサード リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。